教員はバックれて辞めてもいいと思う

教員 ばっくれ アイキャッチ 教員

教員の仕事を辞めたいと考えている人は多いと思います。かなりシンドい仕事の部類に入ると思いますが、なかなか辞められられないケースもあるでしょう。

  • 教員ってバックれて辞めてもいいものなの?
  • バックれてもいい理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場からバックれについて細かく解説していきたいと思います。

2〜3分くらいでサクッと読める内容になっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教員はバックれて辞めてもいいと思う

ばっくれて 辞めて

教員については、バックれて辞めても全然OKだと思います。というか真面目な人が多すぎると感じるので、そういった姿勢でもいいので、とにかく逃げ出すことを意識しましょう。

頑張って働いて、他の先生からの嫌われたくなくて、そして体を壊して療養休暇に入ってしまう人も多くいるような感じがしています。ただ、それだと自分の人生を暗くしているわけだし、もしかしたら回復まで時間がかかるかもしれません。

そもそも、自分を療養休暇に追い込んだような人のために、頑張って働く必要があるのでしょうか?

であれば、本当に辛い時にバックれていきなり行かなくなってもいいように感じますね。そのくらい、仕事を軽く考えてもOKだと思います。

バックれるというと聞こえが悪いかもしれませんが、自分を守っていくためには当然に必要なスキルだとは感じています。

もしかしたら退職後にたくさん連絡が来たり、最悪の場合は訴訟が起きるかもしれません。ただ、病気になって働くよりも、連絡や訴訟に対処していった方が、精神的には楽なんじゃないかと感じているところです。

いいと思う理由

いいと思う 理由

では、バックれて辞めてもいい理由としてはどんなものがあるのでしょうか?

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

病気になる

1つは病気になることが挙げられます。冒頭で書いた通りですね。今の教員の仕事って本当に大変ですよ。指導だけならまだしも、平気で事務作業があったり専門外のこともさせられたりします。

そんな状態で、まともに働けるわけないでしょう。そして毎日の忙しさの中で頑張り過ぎてしまい、心を病んでしまうのです。

問題なのは、病気になったとしても職員室は普通に回るし、これだけ精神疾患の先生が多くても労働環境が変わらないことです。要は、教員のことを考えてくれていないわけですね。

だったらば、教員側が職員室のことを考える必要だってないはずです。優しくしてくれない環境に対して自分が優しくする必要はありません。

バックれて逃げるくらいのスタンスでいいと思っていますね。

過労死もある

教員に関しては過労死もあるのが現状です。民間の過労死とかだと割と大きくニュースになっている気がしますが、教員の過労死に関してはかなり隠蔽されているように思います。

ただ残念ながら、かなりの人数いるのが特徴でしょう。仕事を頑張って命まで落としてしまうのは本当に残念なことです。

そうならないためにも、早い段階で自分から行動することが大切です。例えば校長先生に辞める旨を伝えたとしても「辞めるなんてダメだ!」と簡単に断られてしまうかもしれません。

そうなれば、いつまでも学校を抜け出すことができなくなってしまいます。

自分が元気なうちに、バックれてしまいましょう。わざわざ円満退職を目指す必要はないです。

追いかける余裕がない

もし誰が教員がバックれたら、もしかしたら他の教員が追いかけてくるかもしれません。「そんな無責んなことを!」とか怒るかもしれませんね。

ただ、そうやって追いかけてくるのも長くは続かないでしょう。というのも教員自身に「追いかける時間」がないからです。

ただでさえ現場が忙しいのに、わざわざ1人の辞めた教員を追いかけるって結構な労力な気がします。だからこそ、辞めても何も言われない可能性が高いと思いますね。

なので、どんどんと自分が思ったように動いていきましょう。自分勝手に動いても問題ないと思います。

バックれて後から何か言われたとしても、その人たちをブロックすればいいだけだと思います。

逃げるべきだから

本来であれば逃げるというのはそれほど良くないことかもしれません。誠実に真面目に働くことが良いとはされていますよね。

ただ、教員の場合は誠実に働いたところで何か意味はあるの?と感じてしまいます。他の先生をラクにするだけで、子供たちにプラスになるとは思えないです。

不真面目な先生もたくさんいます。だから不祥事とかもたくさん起きているのです。

だったらあなた一人だけが誠実に働き続ける必要はありません。そんなのは理不尽だからです。

自分が嫌だと思ったタイミングで職場から逃げてしまいましょう。かなりスッキリするんじゃないかと思いますね。

訴訟されてもなんとかなると思う

それほどないとは思いますが、もしかしたら訴訟されるリスクもあるかもしれません。勝手に業務を放棄したということからですね。

でも冷静に考えて、訴訟だけでスッキリするんだったら、結構コスパ良くないですかね?辞めたいのに辞められないのは、何年も教員を続けなければいけません。

ただ、仮に裁判になったとしても、ある程度の期間を過ぎれば終わってしまいます。終わりがあるということで耐えられるでしょう。

なので、どんどんと辞めていった方がいいと思います。逃げる行動をすれば、いずれ教員の仕事から離れることはできます。

そうやって幸せな人生を送った方が、よっぽど有益だと思いますけどね。

何かしらの方法で逃げよう

なにかしら 逃げよう

とにかく、教員の世界に関しては、あまりにハードなのでどんどん抜け出してしまいましょう。

もしかしたら、バックれることに抵抗がある人もいるかもしれません。そんな人は、別に「退職代行」とかを使ってもいいと思います。

今は、逃げるためのいろんな手段があったりしますよね。なので、別にバックれにこだわらなくても別の手段を取る形で問題ありません。

自分に合った形で抜け出すことができれば、その後にいいことがたくさん起きるような気がしています。

ぜひ、積極的に動く勇気を持っていてくださいね。

まとめ

教員をバックれても、そんなに悪いことは起こらない気がします。

気になる人は、ぜひ実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました