教師が暴言を言ったら処分を重くするべき話【すぐに免職でOK】

暴言 処分 アイキャッチ 教員

教師の暴言って、かなり多かったりしますね。

かなり過激な暴言で、ネットニュースになったりするのも見かけたりします。

  • 教師が暴言を言ったら処分を重くした方がいいの?
  • 重くするべき理由が知りたい

上記のように考える人に向けて、教師の暴言の処分について細かく解説をしていきたいと思います。

3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師が暴言を言ったら処分を重くするべき話

処分 重くするべき

教師の暴言についてですが、結論から言うと処分を重くした方がいいと思っています。

今の現場の処分とかって明らかに軽すぎですね。あれだと、生徒の気持ちに全然立てていないと思います。

「なんで学校に来ているの?」「地球上から消えて」などといった暴言とかって、明らかにアウトですよね。教師でなくても、言ってはいけないことだと思います。

ましてや教師は、生徒の見本にならなければいけない人たちであって暴言を平気で言うのとかは絶対にあってはいけないことなわけです。

教師という、自分よりも年上の大人に暴言を言われれれば生徒は相当に傷つくことでしょう。子供は発達段階ということもあり、将来的に心に大きな傷を負う可能性もあります。

そんなことからも、教師の処分は、現状だと甘すぎると感じるわけですね。

個人的には、減給などではなく、退職をさせるなどして対応した方がいいと思います。

しっかりと厳しい対応をしていくことで、子供や保護者からの満足度も上げていくことができるでしょう。

重くするべき理由

重くするべき 理由

では、暴言の処分を重くした方がいい理由としてはどんなものがあるのでしょうか。

もう少し詳しく深掘りしていきたいと思います。

子供が傷つくから

1つは子供が傷つくからですね。今の教育現場って、子供の気持ちにまったく立てていないと感じます。

教師の身分がすごく守られているので、暴言をいっても減給処分とかで済んでると思います。

ただ、子供がいるからこそ、教師は仕事ができるわけです。子供がいなくなれば、教師の指導相手はいないんで、仕事ができないわけです。

だからこそ、もっと子供を尊敬しないといけないし、子供に寄り添った態度をとっていかなければいけません。

子供の心を傷つけたことは重大な責任がありますから、もっと処分を重くするべきですね。

今までが軽すぎるから

これまでの処分が軽すぎたのがあるでしょう。

たとえば、最近は教員の暴言に関するニュースも増えていると思いますが、これは、話題にする必要があるからだとも感じます。

仮に教員の処分がしっかりとされていて、保護者も納得なのであれば、それほど大きなニュースにはならないように感じます。

ニュースになっているということは、処分に関しておかしな点があるということですね。

なので、しっかりと処分を重くして、教育現場全体を良くしていきましょう。教員が緊張感をもって働くようになるので、いいことづくしだと思いますね。

教員は見本になるべきだから

教師って、本来はすごく見本になるべき人ですよね。

生徒の人生にも大きく関わってくるべきですし、求められるものは大きいと思います。

家にいる時間よりも学校にいる時間の方が長いとも思うので、その分、教師に求められるものも多くあると言えるでしょう。

それほど、教員はしっかりとした人でなければいけないわけですね。

そんな教員が、子供に暴言を吐いたらどうでしょうか。保護者はもちろんのこと、国民から大きく信頼を失うことになるともいえます。

その責任は、非常に重大なものであることがわかるはずです。

教員の質が上がる

処分が重くなれば、教員の質が上がることにもなります。

暴言に限ったことではないかもしれませんが、今の教員の質が下がっているのは、教員への処分が軽すぎることが原因とも言えます。

これまで処分が軽かったから、悪いことをした教員が現場に残れるので質が下がっていくのです。

教員の質を上げていくためには、悪いことをした人をどんどん現場から排除していく必要があります。

暴言に関しても、とても悪質なことがわかりますから、すぐに現場から離れさせるようにした方がいいでしょう。

処分を重くすることで、子供たちにとっても大きくプラスになってくるのです。

教員を目指す人が慎重になる

多分、今の教員を目指す人って甘い気持ちで目指している人も多いと思います。

「民間だとダメだけど、教師は受かればクビにならないしな〜」みたいな感じで身分が保障されすぎている気がします。

だからこそ、他では勤まらないような、質の低い教員が増えてきたりしてしまうわけですね。

処分を重くすれば、教員であっても、しっかりとした振る舞いが求められるようになります。

受験者が「自分は大丈夫だろうか?」とすごく慎重に考えるようになるわけです。

そんなことからも、処分を重くするメリットは大きいですよ。

ちゃんとした人が教員になろう

ちゃんとした人 教員

ということで、教員に関しては、しっかりした人が目指すのが1番いいと思っています。

処分を重くするのも大切かもしれませんが、そもそも処分が必要な時点で教員としてはダメかと感じますね。

教員になった人は、誰も処分されない。そういった状況を目指していく必要があると感じます。

今の現状って、あまりに教員の処分が多すぎますよね。

大切なのは、しっかりと生徒に寄り添う気持ちを持つことです。寄り添う気持ちがあれば、授業の準備とかも頑張ろうと思うし、優しい声掛けなどもできるようになるでしょう。

自然と振る舞いがよくなり、信頼される教師になれるはずです。

そういった当たり前のことを、しっかりとできるようにしていく必要がありますね。

まとめ

教師の暴言の処分はもっと重くてもいいと思っています。

どんどん改善していくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました