教員

教員

教員にアイパッドは必要か【現場では不要】

教員にiPadが必要かと感じている人は多くいるかと思います。結論から言うと、どちらでも大丈夫です。基本的に現場ではタブレットが置いてあることが多いので、自分で用意する必要はなかったりします。この記事では、購入すべきケースなどについても細かく解説しています。
教員

これから教員をやる意味はあるのか?【ほぼ無い】

これから教員をやる意味があるのかと迷っている人は多くいるかと思います。結論から言うと、あまりないでしょう。この記事では、なぜ教員をやる意味がないのかや教員を始めたい人はどうすればいいかなどについて解説をしています。短い時間で読めます。
教員

教員免許をとればよかったという人へ【現場に行くのはNG】

教員免許をとれば良かったと感じている人は多くいることだと思います。結論から言うと、とっても取らなくてもどっちでも大丈夫です。この記事では、教員免許を取るメリットや別に取らなくても大丈夫な理由などについて解説をしていきたいと思います。
教員

教員の退職金は不要だと思う【年配者がサボる】

教員の定年退職の退職金については不要だと考えます。学校現場にとっても、年配教員の本人にとっても悪影響が大きいと考えるからです。この記事では、具体的にどんな点が悪影響なのか、退職金はどんなことに使うと有意義なのかなどについて詳しく解説しています。
教員

教師のバトンがひどい理由について【嫌なら転職】

教師のバトンに参加している人も多いかと思います。基本的には、結構ひどいと感じることも多くありますね。この記事では、教師のバトンの良さや使い続けることのデメリットについて詳しく解説しています。この記事を読むことで、教師のバトンへの見方も変わってくることでしょう。
教員

教員は地方公務員にすべきでない【民営化するべきです】

公立学校の教員は地方公務員ですが、この制度についてはデメリットが多くあるように思います。本記事では地方公務員にするべきでは無い理由や、民営化を進めていくメリットについて詳しく解説しています。この記事を読むことで教育を変えるきっかけとなることでしょう。
教員

教員の懲戒免職が多い理由【非常識が許されるから】

教員の懲戒免職がなぜ多いのかという部分については、気になる人も多いかと思います。理由としては、教員の不祥事に意外性があるために話題になりやすかったり、そもそも教員の世界が非常識なのも理由として挙げられるでしょう。この記事では、懲戒免職をなくす方法も解説しています。
教員

教員の長時間労働はなくなるのか?【あと10年はなくならない】

教員の長時間労働が変わるのか?については気になるポイントだと思います。いつまでも苦しい働き方をしたくないですね。とはいえ、結論から言うとあと10年くらいは状況が変わらないだろうという予想です。この記事では、元教員の立場から長時間労働が変わらない理由などを解説します。
教員

教員が不足するとどうなるかについて【元教員が解説】

教員が不足するとどうなるかについては、気になる人も多いのではないかと思います。結論から言うと、教員の負担が増えたり、質の悪い教員ばかりになる可能性があります。この記事では、元教員の筆者が教員が不足した時になる現象や解決するための方法などを詳しく解説しています。
教員

教員が管理職になりたくない理由【元教員が分析】

教員が管理職になりたくない理由としては、いろいろなものがあります。現場から離れてしまい子どもと接することができなかったり、管理職同士の人間関係が面倒なことが挙げられます。この記事では、教員が管理職になりたくない理由やどうすれば管理職が増えるかなどの理由を解説しています。
タイトルとURLをコピーしました