教師の働き方改革は今後も進まないと思う【転職がベスト】

働き方改革 進まない アイキャッチ 教員

教師の働き方改革が今後どうなるのか、気になる人は多いと思います。

進むのか進まないのかについては、気になるポイントでもありますね。

  • 教師の働き方改革ってどうなるの?
  • 今後も進まないって本当?

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から働き方改革について細かく解説をしていきたいと思います。

3分くらいで気軽に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師の働き方改革は今後も進まないと思う

働き方改革 進まない

教師の働き方改革ですが、タイトルの通り、今後も進まないと思っています。

1番大きいのが、教員の世界に改善の意思が見られないことですね。教員の問題点として「給特法がやばい」「仕事の量が多すぎる」といった問題は多くあります。

これらについては、以前からもずっと言われていたわけですね。組合とかでも、大きく活動が行われたりもしています。しかし、依然として体制が変わることはありません。

そのような状況から予想してみても、教員の働き方改革が今後変わっていくことはないんじゃないかと思っています。

今まで全然変わる感じではなかったのに、これから急に変化するとは考えにくいわけですね。

今でも、何か問題や事件が起こるごとに「じゃあ、現場でなんとかして」といった具合で、教師の方に丸投げされています。

そして、現場では断ることができずにやらなければいけなかったりします。その仕事が教育とまったく関係なかったとしてもです。

そういった理由から、今後も働き方改革は進まないだろうと思っています。

進まないと思う理由

進まない 理由

では、具体的に進まないと思う理由としては、どんなものがあるのでしょうか。

以下で、もう少し詳しく深掘りをしていきましょう。

見放されている

1つは、見放されていることですね。教員の働き方に関しては、明らかに問題があります。

誰がどう見てもです。これは分かりきったことですね。

朝の7時過ぎくらいから出勤して、夜の10時くらいまで働いている教員だっています。こんな働き方は民間では確実にアウトでしょう。

民間で、こんなグレーな働き方がされていたら、すぐに問題になると思います。大ニュースでしょう。

でも教員の場合は、ほとんど問題にならない。給特法のせいもあるかもしれませんが、そもそも教員が見放されているんだと思います。

教員の世界が閉鎖的であることから、教員は別世界であり、何があっても他の人が介入できないような状況になっているんだと思います。

価値提供できていない

価値提供できていないのも大きな問題だと思っています。

働き方改革が進んでいくためには「この職業はかわいそうだな」「なんとかしてあげないといけない」といった気持ちを他の人にもってもらう必要があります。

そういった状況があるからこそ、周囲の人が積極的に動いて、改善がされていくわけです。

でも、教員の場合は、そういったことは起こりにくいでしょう。価値提供ができているとは考えにくいからです。

教員にとって大事なのが「授業」と「学級経営」です。子供がわかりやすい授業をして、しっかりと学級経営がなされていることで、子供や保護者のニーズを満たすことができます。

しかし、実際は上記をしっかりできている先生はほとんどいません。忙しいのが原因でもありますが、それを言い訳にするのは良くないですね。

価値提供ができていないと「教員ダメじゃん」と思われてしまうので、周囲が働き方改革をしてくれなくなるはずです。

質が低い

教員の質が低いのも、大きな問題の1つでしょう。

しっかりと働けているようであれば、働き方改革も進んでくるように思います。最近だと、教員採用試験の倍率とかも低くなっていて、どんどん質の悪い教員が入ってきたりしています。

誰でも受かりやすくなっているからですね。こういった状況だと、働き方改革は進みにくかったりします。「質の悪い教員のために、なぜ改革が必要?」となるからですね。

そのためにも、しっかりと誠実に働く意識が必要です。教員の働き方には誠実さが全然足りていないです。

とにかく楽しようと考えている教員だっていますし、職員室のいじめや嫌がらせも多いです。それが原因で、療養休暇に入ってしまう先生も、かなり多くいます。

まずは、質の高い教員になることが重要なわけですね。

アナログな働き方

働き方が、かなりアナログなのも問題だと思っています。

教員の働き方としては、まだまだ古いものが多くあるわけですね。

電話や紙ベースといった働き方がすごく多くあります。これらを最新のツールにするだけでも、かなり効率よく働けるはずです。

閉鎖的な環境のせいもあるかもしれませんが、とにかく最新のツールや流行を追いかけない傾向が教員の世界にはあります。

ただ、これだとどんどん時代に遅れていきます。古いツールを使い続けていてはいい働き方はできないからです。

まずは、そういった身近で使っているツールを見直すことから始めていきましょう。

働き方を変えたいなら転職

変えたいなら 転職

とはいえ、教員の働き方がすぐに変わるとは思っていません。

先程のように教員が閉鎖的な社会であることもあるでしょう。それに加えて、教員の多くは今の働き方を変えようとしていないからです。

働き方に文句を言っている割には、電話を使ったり、紙ベースに印鑑で仕事をしていたりしています。

クラウドって知ってますか?って話です。指導案だってクラウド上で一括管理すれば、いちいち作り直す必要がなくなります。

保護者への連絡だって、メールなどの文字ツールにすれば、留守だとしてもかけ直さなくていいです。

健康観察だって、保護者にアプリで毎朝入力してもらえば、教員が朝に行う必要はなくなります。

こういった努力を教員自身が怠っているのです。

そんな環境にいても、いつまでも働き方は変わらないので、優秀な人は、どんどん転職していきましょう。

転職することで、自分に合ったいい働き方ができるようになってきます。

まとめ

教師の働き方改革は、まだまだ進まないといえるでしょう。

しっかりと自分の中で意識を持って、行動していくことが重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました