服装に気を遣わない教員とか、ダメじゃん

服装 気を遣わない アイキャッチ 教員

服装に気を遣わない教員とかってダメだと思っています。

人前に立つ仕事なので、最低限の身だしなみには気をつけなければいけない部分ですね。

  • 服装に気を遣わない教員ってダメなの?
  • 服装が大事な理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場から服装について細かく解説をしていきたいと思います。

短い時間で、簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

服装に気を遣わない教員とか、ダメじゃん

気を遣わない ダメじゃん

教員が服装に気をつかうのは当然だと思っています。人前に立って指導をするということは、それだけの格好が求められるということです。

そして、僕自身も実際に職員室にいたりしましたが、当たり前のような格好ができていない人が多いです。髪ボサボサ、服ボロボロの状態で働いている先生とかも結構いましたね。

ただ、そんな状態で働いていても生徒のテンションも上がらないでしょう。基本的に若い生徒とかは人を判断する時に見た目の割合が大きいです。

なので、しっかりと身だしなみに気を遣う必要があります。

個人事業主とか、フリーランスとかIT系など、教員以外の仕事であれば、特に身だしなみに気を遣う必要はないと思います。

身だしなみが、仕事に影響するとは思わないからですね。ただ、教員の場合は別であって、しっかりと考えていく必要があると思っています。

服装に気をつかうべき理由

気をつかうべき 理由

では、服装に気をつかった方がいい理由としては、どんなことが挙げられるのでしょうか。

もう少し詳しく深掘りしていきたいと思います。

印象を変える

1つは、印象を変えることができるからですね。

生徒から人気のない先生って、割と服装とか見た目とかでいじられていることが多くあるんじゃないかと思います。

なので、割と清潔感をもった格好とか、ちょっとしたトレンドを考えていくだけで、印象は変わってくるように思うわけですね。

印象を変えるというと、難しいと思う人もいるかもしれません。でも、決してそんなことはないですね。ちょっとした配慮で大丈夫だったりします。

ファッションなどがわからないのであれば、店員さんに聞いてコーディネートを学んだりするのもいいでしょう。

印象を変える方法はたくさんあるわけですね。

性格が悪くなる

服装に気を遣わないと、性格が悪くなるように思います。

特に、見た目に気を遣っていないオバサン教員とかが、キラキラした若手に嫉妬していじめる、といった光景も見てきたように思います。

自分にある程度気を遣っていないと、性格が悪くなってくる可能性もあるわけですね。

そういったことを考えると、しっかりと服装に気を遣っていくことで、外見に見合った行動を取れるようになると思うので、自分の性格も良くなってくると思うんですよね。

今は職員室のいじめとかも多いと思いますが、服装などに気を使うことで、自分に自信がついて、いじめなども減ってくるように感じています。

子供から嫌われる

子供から嫌われるのもあると思います。

教員の中にも「最近授業がうまくいかない」「上手に指導ができない」と感じている人も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、多くの場合は服装などに気を遣っていないからかもしれません。学校現場とかだと、初任者とか教育実習生って、かなり人気だったりしますよね。

もちろん、本人の人柄もあると思いますが、多くの場合は服装などがオシャレなのもあると思います。特に小学校高学年〜の女子とかは、服装をかなりよく見ているように感じます。

子供からあまりにも嫌われているようだと、しっかりとした授業ができないですよね。なので、ある程度は見た目に気を遣っていくことも欠かせないでしょう。

保護者から嫌悪感

服装に関しても、決しておしゃれをするべきだと言っているわけではないです。

ただ、最低限の清潔感や格好などは重視しておいた方がいいでしょう。あまりにも時代錯誤な格好とかだと良くないと思います。

特に、保護者とかも教員の服装などを見ている人は多いと思います。授業参観などで格好を気にする保護者は多いと思いますが、学校の先生が全然気を遣っていなかったら、かなり腹が立つでしょう。

保護者から嫌われれば、教員は余計に仕事がしにくくなるはずです。苦情に対応しなければいけなくなりますね。

なので、気をつけつつ過ごしていくように心がけましょう。

社会人の基本

身だしなみに気をつかうことは、社会人の基本とも感じますね。教員以外にも、スーツの着こなしとかを考えているサラリーマンとかは多いです。

たとえば、ネクタイが緩んでいればサラリーマンとしてはアウトでしょう。Yシャツの裾が出ていれば、ダメだと思います。

民間のサラリーマンとかはしっかりと気を遣っているように感じています。

ただ、教員の場合は、そういった気遣いがほとんど見られないように感じますね。基本的なことができていないと感じます。

だからこそ教員は非常識だし、質が低いとも言われるのです。

しっかりと、当たり前のことを身につけなければいけません。

教員は毎日服装チェックを実施しよう

毎日 服装チェック

職種によっては、服装がテキトーでも全然OKかもしれません。ただ、教員の場合は別で、しっかりと考えていかなければいけませんね。

そのためにも、教員は毎日服装のチェックをするといいと思います。保護者の自宅まで、教員が足を運んで、服装をチェックしてもらうのです。

もしアウトなのであれば、保護者にしっかりと謝罪をして、教育現場に立たせなければいいのではないでしょうか。

それくらい教員にとっては大事なことだとも感じていますね。

高校とかによっては、服装チェックを行なっているケースもあると思います。ただ、教員ができていないのに、生徒に求めるのもおかしな話ですよね。

そんな意味でも、教員の服装チェックも必須だと思っています。

まとめ

教員の服装は、気を使うべきポイントでしょう。

今回の記事を参考にしつつ、改善していきたいと思うところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました