教師を辞めると今後の人生がどうなるのか解説します【最高です】

今後 人生 アイキャッチ 教員

教師を辞めたいと考えている人は多くいると思います。

辛いことも多いと思いますし、できるだけ違う仕事をしたいと考えている人も多くいることでしょう。

  • 教師を辞めたら、人生ってどう変わるの?
  • 人生が最高になるって本当?

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から教員を辞めた後の人生について解説をしていきたいと思います。

3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師を辞めると今後の人生がどうなるのか解説します

今後 人生 どうなるのか

教師を辞めた後の人生についてですが、ほぼ間違いなく最高になると思っています。

というのも、教員を続けていても不幸になることしかないからですね。現役教員の人には申し訳ないですが、これが真実だと思っています。

1つはスキルが身につかないことがあるでしょう。教員の仕事ってすごく忙しくて大変だと思います。

これだけ働いているんだから、きっと成長するだろうと考えると思います。でも、実際はほとんど成長しないでしょう。スキルの貯まる働き方ではないからですね。

たとえば教員は今でも紙ベースで仕事をしていたりします。紙で印刷して、それを上司に見てもらってチェックとかですね。

指導案とかも、紙でチェックとかをします。でも、今であればクラウド上でチェックをして完結することもできるでしょう。もっと短い時間でできるはずです。

会議なんかも、多くの会社はリモートでやったりしますが、教員は顔を付き合わせて行うことが多いですよね。

これでは、仕事をしていても楽しくないし、不幸になるということです。

最高になる理由

最高になる 理由

では、教員を辞めると人生はなぜ最高になるのでしょうか。

もう少し詳しく理由を書いていきたいと思います。

気持ちが楽

1つは、かなり気持ちがラクになるということですね。

やっぱり教員の仕事をやっていると、いろんなプレッシャーがあるはずです。同僚の教員の期待に応えないといけないという思いもあると感じますし、保護者からもいろんな文句を言われるかもしれません。

仕事量もとても多いでしょう。

理不尽にたくさんの仕事をしなければいけないのが今の教員の仕事であって、教員を辞めることでかなり気持ちが楽になることは間違いないでしょう。

教員を辞めた多くの人が「辞めてよかった、前よりも楽しくなった」とか言っているわけですね。そんな調子なので、早く辞めた方がいいのは間違いないでしょう。

いとんなことを前向きに考えるパワーが生まれてくるはずです。

ストレスが減る

ストレスが減ることについても、かなり大きいと思っています。

今は療養休暇に入る先生も多いですよね。教員の精神疾患が5000人ということも聞きますし、かなり多くの人がメンタルを病んで休んでいることがわかります。

睡眠不足で寝る時間もないですし、毎日イライラしながら働いている先生も多くいるのではないでしょうか。

教員を辞めるとそういったストレスが減るのは大きいでしょう。僕が働いていた職場でも「あの時はきつかったけど、もっと子供に優しくしておけばよかった」と後悔している退職教員もいました。

それくらい、みんなイライラしているし、自分を見失っているわけですね。

辞めるメリットはすごく大きいですよ。

自信がつく

自信がついてくるのも大きいと思います。

教員の働き方って、常に自分に自信が持てないようなものだと思います。続けていると、自分のことをどんどん嫌いになってくるように思います。

たとえばクリエイティブさがないですよね。新しいものを取り入れて、どんどんいいものに変えていこうみたいな雰囲気がなかったりします。

伝統的なやり方が絶対で、変化は許さない。上司の言うことには絶対に聞かないといけない。といった、つまらない働き方が多くあるように思います。

ただ、これでは、自分に自信をもてません。間違ったことでもYESという必要がありますし、自分の持ち味を出すことができないからですね。

教員を辞めると、自分の考えを受け入れてくれる人が、世の中にたくさんいることに気づけます。だからこそ、自信を持つこともできるのです。

違う仕事を探せる

違う仕事を探せるというのも大きい点だと言えるでしょう。

今の時代では、いろんな仕事を複数行うのが、いい人生を送るための主流です。

たとえば、副業をするのも1つでしょう。組織で働くのであれば、自分で仕事をしながら副業をして別の収入を確保をしておくのが鉄則です。

フリーランスであれば、いくつかの企業とやりとりをすることで、収益が安定することでしょう。大切なのは、いろんな仕事をしつつ自分に合ったものを見つけていくことです。

ただ、教員の仕事をしているとこういった働き方はしにくいでしょう。

シンプルに忙しいのもあると思いますが、公立教員だと副業ができなかったりします。なので、広い視野でいろんな仕事を見ることができないのです。

日々、目の前の仕事だけに追われていればつまらないに決まっています。

教員を辞めれば視野が広くなり、最高の人生になります。

給料も上がるかも

給料についても、おそらくだんだん上がる可能性があると思っています。

教員については、今後の給料は下がっていくでしょう。今は高給とりの部類に入るかもしれませんが、労働時間が長いですね。なので、時給に換算するとかなり安いでしょう。

今後は教員にどんどんいろんな仕事がのしかかってきます。国や教育委員会が教員にどんどん仕事を押し付けているからですね。とはいえ、予算は足りていません。

そうすると、どんどん教員の給料は下がっていくことになります。

教員を辞めれば成長している企業とかを見つけることもできるようになるはずです。将来性のある企業に転職できるかもですね。

すると、給料も大きく上がってくるでしょう。

大切なのは勇気です

大切なのは 勇気

ということで、大切なのは勇気ですね。

人生を変えるためには、教員を辞めるための勇気をもつしかないでしょう。教員を辞めるのは、簡単なことには思えないかもしれません。

しかし、長い目で見た時に、しっかりと自分の人生を変えるために行動していかなければなりません。

ここは、どうしても避けられないポイントですね。辞めるとなれば、周囲の反発もあるかもしません。

職員室の同僚から、嫌味を言われることもあるかもしれません。

しかし、辞めてしまえば関係はゼロになるわけです。辞めればこっちのものなわけですね。

だからこそ、勇気を振り絞って、一瞬だけでもいいので自分を変えるために頑張って欲しいとは考えています。

その勇気を出すことで、視野が広くなり、いろんな楽しい生き方について知ることができるようになります。

大きなプラスとなると考えていいでしょう。

まとめ

教師を辞めると、人生はかなり良くなります。

今回の記事を参考にしつつ、ぜひ検討してもらえれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました