教員の月収が今後下がる理由について【元教員が解説】

月収 今後 アイキャッチ 教員

教員の月収が下がるのか不安になっている人は多いと思います。

月収がしっかりと稼げることは、大事なポイントだったりしますね。

  • 教員の月収って今後も下がるの?
  • 具体的に下がる理由について知りたい。

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から教員の月収が下がる理由を解説していきたいと思います。

3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教員の月収が今後下がる理由について

月収 今後

教員の月収が下がる理由についてですが、教員の質が下がっていること、そして誰にでもできる仕事になっていることが挙げられます。

給料というのは、基本的にはどれだけ他の人に価値を提供したかで決まります。たくさん他の人を喜ばせたり幸せにしたのであれば、その分たくさんのお金がもらえることになるのです。

たとえば、イチロー選手なんかは圧倒的に多くの年俸をもらっていると思います。それはなぜかというと、野球の腕前でチームに貢献したり、努力や生き方で多くの人に希望を与えているからです。

だからこそ、あれだけ多くのお金をもらうことができるのです。

また、イチロー選手と同じ活躍は他の人にはできませんので、その希少性という意味でも年俸は高いです。

教員はというと、毎日のように不祥事を起こしていますし、いじめとか不登校の数も増えていますよね。価値提供ができていないので、今後は月収が下がっていくと考えられます。

また、教員採用試験の倍率も下がっていて、誰にでもできる仕事になってきているので、やはり月収は下がるでしょう。

具体的な下がる理由

下がる 理由

では、具体的に月収が下がる理由としてはどんなことが挙げられるのでしょうか。

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

仕事ができていない

1つは、仕事ができていないことですね。今の教員は全然仕事ができていないです。

教員の主な仕事は「教科指導」と「生活指導」です。この2つに関してはしっかりとこなさなければいけません。

たとえば教科指導でいえば、指導をした時に子供や生徒が「授業が面白い!この先生から教わりたい!」と思ってもらえるのは最低条件ですね。

生活指導についても、子供たちが「学校が楽しい!いろいろ面白いことがある!」と思ってもらえるのは最低条件でしょう。

教員は給料をもらっているんで、当たり前のようにやらなければいけないことです。

ただ現状は面白い授業ができていないですし、不登校が増えているので、子供も楽しんで学校に行けてないです。

なので、仕事ができてはいません。

いじめが増えている

いじめが増えているのも、かなり大きな問題でしょう。

いじめについては、どうしても学校の中では発生してしまうと思います。子供たちも精神年齢的にはそこまで高くないので、仕方のないことだと言えるでしょう。

ただ、大切なのはその後の対応です。担任がいじめを見て見ぬふりをしたり、管理職がしっかりといじめに向き合っていなかったりします。

挙げ句の果てには、職員室でいじめが起きていたりするんで本当にオワコンですね。

そんな環境で、教員の月収が増えるとは到底思えませんね。

不登校が増えている

先ほどから書いていますが、不登校が増えているのもかなり大きな問題です。

おそらく普通に生活していれば、不登校にはならないはずです。普通に友達と話して普通に担任と話ができれば、学校に来るくらいはできるでしょう。

問題なのは、そういった「普通」「当たり前」の環境を学校側が提供できていないことにあります。

不祥事を起こした教員でもクビにはならないし、学級崩壊を毎年のように起こしている教員が担任を持っていたりします。

そんな質の低い担任のもとで学べば、子供の不登校は増えて当然なのです。

学校が不登校を増やしている以上は、月収が増えることはほぼないでしょう。

閉鎖的な空間

教師が閉鎖的なのも問題だと思います。基本的に、閉鎖的な場所では人も職場も成長していくことはできません。

外部からの、とても良い情報を受け入れることがないからです。そして職員室などはとても閉鎖的です。

だから何十年も前のやり方をずっと続けているし、僕が驚いたのは、素人の教員が作ったアプリで作業を進めていたことです。すごく使いにくかった。

プロのエンジニアや民間に委託すれば、もっと使いやすいものができたはずです。だけど閉鎖的なんで、外部に発注しないわけですね。

なので、効率も悪いですし、今の時代にあった価値をしっかりと提供できないのです。

子供や保護者からの不満も溜まってくるので、給料は上がらないでしょう。

不祥事が多すぎる

不祥事が多すぎるのも、割とやばめな問題だと思いますね。

昔に比べて、教員の不祥事や質を疑うようなニュースがすごく増えてきたように思います。

それによって市民からの風当たりも強くなっていますし、保護者も安心して子供を学校に預けたいとは思えないでしょう。

本当は担任に文句を言いたい保護者は多いと思いますが、子供が学校で人質にとられているので、文句が言えないといった具合でしょう。

不祥事がこれだけ多くなっているのであれば、給料が増えることはまずないでしょう。

むしろ信用を無くして、どんどん減っていくように感じますね。

高収入な仕事に転職すべき

高収入 転職

今の環境の中で、1番損をしていると感じるのが真面目な教員ですね。

真面目に働いていて、一生懸命子供に向き合っているのに、給料は上がらなかったりします。

無能な教員の分の仕事までたくさんこなしていて、本当にしんどいでしょう。

場合によっては療養休暇に入ってしまう可能性もありますよね。

そんなリスクを負ってまで、教員を続けていく必要はないでしょう。

大切なのはどんどん行動して、教員を辞めていくことですね。しっかりと行動できれば、自分の人生がどんどん変わっていくことが実感できるはずです。

しっかりと行動することができれば、月収に関してもかなり上向きになってくると考えています。

まとめ

教員の月収は今後も下がっていくでしょう。

どんどん行動して、自分を変えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました