教員を続けて、これから成長するなんて無理だよ

教員 成長 アイキャッチ 教員

教員を続けながら成長したいと考える人は多いと思います。

仕事をしつつ、成長することもできたら最高だと考えますよね。

  • 教員を続けつつ、成長することってできるのだろうか?
  • 教員をしても、成長できない理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場から成長について解説していきたいと思います。

3分くらいで、簡単に読める内容となっていますのでぜひ見てみてくださいね。

教員を続けて、これから成長するなんて無理だよ

これから 成長 無理

教員を続けつつ成長していくことについては、おそらく今後は難しいと思っています。教員の仕事自体が、成長していけるものだとは感じないからですね。

成長できる仕事としては、たとえば最新のスキルが身についたり、他の上司から刺激を受けて、自分も頑張ろうと思える。そんな環境があるんじゃないかと思います。

ただ、教員の場合はいずれも欠けているように感じますね。スキルを身につけるにしても、ITなどを取り入れずにずっと紙で働いている人がいます。新しい働き方を提案しても、古いやり方を続けるように却下されたりするのです。

そんな環境では、いつまで経っても自分を成長させることはできないでしょう。かなり厳しい現実だと言えますね。

また、上司についてもかなり質が低いと思います。自分の指導に傲慢になってしまったり、実力がないのに、若手に説教ばかりする先生もいます。

そんな人と一緒に働いたところで、何が身につくの?と感じますね。

教員の環境は、早めに辞めていったほうがいいですよ。

教員が成長できない理由

成長 できない 理由

では、教員が成長できない理由としては他にどんなことが挙げられるのでしょうか。

もう少し深掘りしつつ見ていきたいと思います。

働き方が古い

1つは、働き方が古いことですね。上記でも挙げた通りです。これって結構大変なことですよ。

たとえば、教員の仕事ってすごく苦しいですよね。いつかはやめたいと考えている人も多いはずです。ただ、転職するにしてもスキルが身についていないと難しいでしょう。

転職時に「何を身につけてますか?」と面接官に聞かれても、古いスキルしか言えなければ評価はされないはずです。

つまり、古い働き方ばかりしていても、どんどん自分が衰退していくことになるわけですね。教員の働き方は非常に危険とも言えるのです。

だったらば、早い段階で教員の仕事に見切りをつけていくのが、ベストな選択肢だと言えるはずです。

同僚の質が低い

教員の質が低いのも、特徴としてはあると思っています。教員の質が低いことについては、最近になってよく聞くと思いますが、僕自身も職員室で働いていた中で頻繁に感じていたことでもあります。

子供や保護者の悪口ばかり言っている。その割に、自分では何も努力しようとしない。といった具合ですね。

いくら自分に向上心があったとしても、そういった環境で働き続けていれば、ほぼ間違いなく仕事ができない人間になっていくはずです。

自分自身がしっかりと成長したいと考える真面目な先生って多いと思います。

ただ、そういった先生ほど教員の環境は避けた方がいいと思っていますね。

ただ、忙しいだけ

教員の仕事って忙しいと思います。事務作業から保護者対応など、やらなければいけないことは山ほどありますよね。基本的には、成長していくためにはハードワークも大事だと思うので、長時間働くのが重要なこともあるでしょう。

ただ、教員の長時間労働にはほとんど意味がないと思っています。

というのも効率化できるところを、わざわざアナログでやったりしているからです。紙で仕事をしていたり、職員会議をダラダラやっているケースは多いと思います。

ただ、ITを使えば、業務効率化ができるでしょう。職員会議だって時間を制限していくことはできます。そんな風に、もっと働きやすくするための工夫はできるのです。

そういった簡単な工夫さえやっていない教員の仕事に関しては、残念ながらオワコンだと思います。

大事にされていない

教員が大事にされていないのも、割と大きな理由としてはありますね。

たとえば、教員が仕事をしつつしっかりと成長していくためには、精神的に安定していないといけません。しっかりとした土台がなければ、成長していくことは難しいからです。

ただ、病気になっている先生もすごく多いし、職員同士のいじめや嫌がらせもかなり多くありますよね。そんな環境だと、働いている人たちも、ずっと落ち着かない状態になるでしょう。

精神的に不安定になると思うんですよね。

そう考えると、成長どころか衰退していく可能性も高くなってきます。

早く教員の環境から抜け出すのがベストな選択肢になるかもです。

他責思考になってしまう

教員の世界の特徴として、「他責思考」が挙げられます。要するに、何かが起こった時にすぐに他人のせいにしようとするわけです。

人が成長していくためには、常に原因が自分にあると考えなければいけません。そうやって反省するからこそ、次に繋げていくことができるからです。

ただ、教員の環境だと「僕が悪かったのか」というように反省すると、他の先生から執拗に責められたりします。他人のミスを押し付けられたりします。

だからこそ、みんな他の人のせいにしたりするのです。そんなクセがついてしまえば、自分がどんどんダメになっていくでしょう。

非常に危険なことだとも言えるわけです。

成長したいなら転職しよう

転職 しよう

ということで、仕事をしつつ成長したいと思うならどんどん転職しましょう。

若い先生とかって、すぐに転職しても大丈夫なの?と不安に感じる人もいるでしょう。ただ、全然OKだと思いますね。むしろ早いうちに転職しないと、教員を続けるごとにどんどん精神的に辛くなってくるはずです。

教員の人って、向上心のある人も多いと思います。ただ、それを教員の環境で生かしていくのはもったいないことです。

大切なのは、自分のまっすぐな気持ちを活かせる仕事を探していくことですね。世の中には想像以上にいい環境も用意されていたりします。

早めに行動しつつ、どんどん移っていくようにしましょう。

かなり人生が変わると思っていますね。

まとめ

教員の仕事での成長は難しいです。

ぜひ、他の仕事を探していくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました