ネット上にある情報を信じて行動したけど、大半はハズレたと感じる話

情報 ハズれた アイキャッチ 個人で働く

個人で働いていると、常にわからないことが多くあるように感じます。価格設定とかも分かりませんし、どういう働き方をするのがいいのかも不明ですよね。

そこで、僕自身もよくわからなくて、ネット上の情報を頼りにしつつ行動したことが、結構たくさんあったように思います。

とはいえ、

  • ネット上の情報を信じても、ハズれてしまうの?
  • 個人で働くには、どんな風に行動していけばいい?

上記のように迷っている人に向けて、実際に個人で働いている立場から解説を加えていきたいと思っています。

2〜3分くらいで気軽に読める内容になっているかと思いますので、ぜひ見てみてくださいね。

ネット上にある情報を信じて行動したけど、大半はハズれたと感じる話

大半 ハズれた

ネット上にある情報ってたくさんあると思います。僕も本当にいろんなやり方を信じてきました。そして、その大抵はハズれていたように思います。

他の人の成功法則とかやり方をそのまま実践してみたわけですが、うまくいかないわけです。別にそういった発信をしている人が嘘をついているわけではないでしょう。

シンプルに、その人にとってはベストなやり方だったり、成果が出た方法だったわけです。ただ、人それぞれ性格や得意分野って全然違いますよね。

だからこそ、参考にするのはいいですが、大抵はうまくいかないわけです。大事になってくるのは、まず試しに自分が実践してみることですね。

やってみることで、多くの場合はエラーに終わると思います。ユニクロの社長さん?の本で「一勝九敗」という言葉がありますが、まさにそんな感じでしょう。

他の人の意見を信じるのはいいことですが、確実にうまくいくとは期待せずに、どんどん実践していく行動力が大事になります。

どうやって行動すべきか

行動 すべきか

では、実際にどんな風に行動していくべきなのでしょうか。

以下に、具体的な方法をリストアップしてみました。

情報は集めていい

まず、ネット上の情報が自分に当てはまるかわからないとしても、情報を集めること自体は全然OKだと思います。

自分なりのやり方が確立されている人であれば別ですが、個人で働くにしても、何から始めていいかわからなかったり、どうすればいいのか不明な人もいるでしょう。

そんな人は、ネット上にいろんなやり方が転がっていますから、まずは実践していけばいいのです。情報を集めること自体は、何も悪いことではありません。

大切なのは、一発で正解の意見に辿り着いて、すぐに成功できると勘違いしないことですね。大抵の意見は、うまくいかないことかもしれません。

それでもめげずに、新しい意見を吸収しつつ、どんどん実践していくことが大事になってくるでしょう。

いい情報だけを見まくる

本やネットなどの情報を見れば、本当にいいと思うものもあると思います。その一方で自分に合わなかったり、見ていると辛くなる情報もあると思います。

ただ、基本的には自分に合って、テンションが上がる情報だけをピックアップしていけば全然OKだと思います。

情報や他人の意見なんて正解がないジャンルでもあるので、必要なことは自分がいいと思ったものだけを見ていくことです。

無理して、自分と違う意見を参考にする必要なんてないでしょう。いいと思う情報は本能的に自分と合っている可能性が高いと思うので、価値があるんだと思います。

そういう情報を信じ続けていれば、割と成功もしやすくなると感じていますね。

信頼する人を絞る

信頼する人については、ある程度絞っていくのがいいことだと思います。

もちろん1人とか2人とかの少数ではなく、いいと思う人を幅広く見ていくのも大事かと思います。ただ、人によって全然真逆のことを言っていたりするんですよね。

「量が大切!」と主張する人もいれば、「質が大事!」という人もいます。その場合、どちらを信じればいいのか分かりませんよね。結局、行動せずに終わってしまうんじゃないかと思います。

なので、そうやって迷うことがないように、最初のうちは「この人のやり方をひたすらマネしてみよう」とかでもいいと思います。

明らかに怪しい主張とかだと、盲信しない方がいいかもしれませんが、誰かを信じてみるのも、かなり大事なことだと思っています。

量を確保する

これはあくまで僕の主張ですが、「量」を確保するのは結構大事なことだと思います。ただ量をこなすだけだと、それは意味がないことでしょう。

ただ、成長していくためには試行錯誤することが欠かせなかったりします。そして、その試行錯誤の数は多いほどいいと感じています。

僕自身も、最近はブログやYouTubeなどを毎日更新するように心がけていますが、その中でヒットしやすいものや、そうでないものの傾向も見えてきているように感じています。

なので、何か行動する上で、とにかくある程度の量を確保した方がいいのは、言うまでもないでしょう。

「質」にこだわる人もいるとは思いますが、過去に量をたくさんこなしてきた人ではないかと思っています。

分かったことを発信する

たくさん行動すれば、うまくいかないこともあると思います。というか、それがほとんどなはずですね。

ただ、落ち込む必要は全然ありません。今の時代は気軽に発信できますので、何かに失敗したとしてもブログやnoteなどを通して、伝えていけばOKだと思います。

特に、他人の失敗談とか、うまくいかなかったことって、結構ニーズがあるんじゃないかと思います。失敗を避けたい人は多くいると感じるからです。

何かに失敗しても、「別に後で発信すればいいや」と割り切っていれば、かなり気持ちもラクになってくるんじゃないかと思います。

どんどんチャレンジしていきましょう。

発信ができれば失敗も無敵

失敗 無敵

ということで、実際に僕自身もいろんな人のアイディアを参考に試してみましたが、たぶんほとんどがうまくいかなかったように思います。

ただ、経験は積んだことになるので、確実に成長していると言っていいでしょう。そうやって得た知識をどんどん発信すればいいのです。学習するって、そういうことですよ。

絶対の正解を求めて、失敗したくない一心で情報を集めれば、うまくいかないと思います。どんどん行動できなくなるでしょう。

なので、まずは他人の情報を「あ、面白いなー」と思った時点で実践してみて、そこでどんどん進めていけばいいのです。

うまくいかなくても、発信力を持ち合わせて他の人に拡散していけば、割と人生がうまくいく可能性も大きくなると思っています。

まとめ

ネット上の情報は合うものも多いと思いますが、実践してもうまくいかないケースもあると思います。

ただ、挑戦はそんなものなので、めげずにどんどんチャレンジしていくことが必要ですね。

コメント