教師は公務員でいいのか?【やめるべきです】

教師 公務員 アイキャッチ 教員

教師が公務員のままでいいのかについては、気になる人も多いと思います。

公務員でなくして、民営化したらいいなどの声もあったりしますね。

  • 教員は、公務員のままでいいのだろうか?
  • 公務員で無くした方がいい意見ってある?

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から詳しく解説をしていきたいと思います。

3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師は公務員でいいのか?

教師 公務員

教師が公務員でいいのかという意見についてですが、個人的にはダメだと思っています。

今は公立教員がいますが、ゆくゆくは公立教員をなくした方がいいと思っています。

僕自身、教員として働く中で、公立の制度には問題がたくさんあると思いました。

1つひとつのやることの中で、書類をたくさん書かなかればいけません。これは公立ならではだと感じますし、かなり面倒なことだったりします。

また、言い方は悪いですが働いても働かなくても給料が同じなので、多くの教員がサボってしまったりもしていますね。

子供たちは頑張って勉強に取り組もうとしているわけで、教員のやる気のない姿勢は、かなり子供に悪影響だったりします。

しっかりと働かなければ「給料が減るかも・クビになるかも」といった不安を持つ中で多くの人は成長することができるでしょう。

もちろん、公務員の中にも一生懸命に働く人はいるはずです。それもわかっています。ただ、多くの人はサボってしまう傾向になるので、しっかりとシステムを変えた方がいいと思っています。

公務員でなくすべき理由

公務員で なくすべき

では、実際に公務員ではなくした方がいい理由としては、どんなものがあるのでしょうか。

さらに深掘りしつつ、分析をしていきたいと思います。

不安定がベスト

まずは、不安定な環境が成長するのにベストだということです。

もちろん先ほども書いたように、安定した環境で頑張れる人もいます。安定した環境で、子供のことを考えられるベストな考えを持った人もいることでしょう。

しかし、おそらくそんな人は一握りでしょう。公立教員の多くはサボることを考えていたりします。優秀な教員ほど、仕事がたくさん降ってくるので、仕事をこなさなければいけません。

しかも、サボっていても懲戒免職などを起こさない限りは普通に働けるわけですね。

これは、決していいことではないと思っています。多くの人は不安定を経験することで「頑張らなきゃ・どうすればいい指導ができる?」と前に進むことができるのです。

そのために、公務員の体制をなくしていくことはめちゃ大切なことだと思っています。

成長思考になる

公務員でなくせば、成長することのメリットを感じるようになります。

成長することで、昇給や大きなスキルアップにつながるなどのメリットを感じるからです。

私も職員評価などを教員の時にもらったりしていましたが、大抵はみんな同じくらいの評価で、かなり無難だったりします。

これは公務員だからなせる技で、公務員だからこそ、このような無難な評価になるんだと思います。

公務員でなくせば、もっと厳しい評価になります。できない人は評価が下がるでしょうし、クビになる可能性もある。

そんな危機感の中でもがきながら、一生懸命に頑張ることで、人は成長できます。

教員は子供を成長させているわけで、教員が成長思考をもっているのは超重要なことです。今一度見直す必要があると感じますね。

書類が減る

書類が減るのも大きいです。これ、マジだと思います。

公務員をやっていると、なんでも書類で残すことを大切にします。書類のために仕事をしているんじゃないか?と思うくらいですね。

これはおそらく国が仕事をする上で書類や印鑑などを重要視していて、教員も公務員だとそれに従わなきゃいけない雰囲気なんだと思います。

ただ、結構めんどくさい時もあります。海外旅行1ついくのも書類を書いたりしなきゃいけません。それくらいは、気軽に行かせて欲しいものです。

また、ペーパーレス化でクラウド化できそうなものもたくさんありそうですが、そういう流れが起きそうにもないので、公務員のままだと、今後も苦労するだろうなという感じです。

競争が起きる

公務員でなくせば競争が起きるのもいいところです。

競争というと悪い印象を持つ人が多いかもしれません。運動会でも、競争をなくす?的な流れが起きたりもして、どんどん競争をなくす感じにもなっているかと思います。

でも、人がモチベーションを上げるためには競争は欠かせません。特に公務員に関してはそうです。頑張って働けば、子供や保護者から支持される。

反対に頑張らなければ自分の職を失ってしまうかもしれない。そういった環境に身を置くことで、人は頑張ることができるからです。

そもそも仕事自体は面倒なものなので、競争が起きないと多くの人は頑張ろうとしません。

公務員でなくせば、「もっといい指導を!」というように1人一人が考えるようになると思うので、さらにいい教育ができるようになると思っています。

ホワイトになってくる

公務員でなくせば、ホワイトになる可能性も高いですね。

教員の労働環境とかって、結構大きな問題になっていると思います。ただ、なかなか改善しませんよね。

民間企業だったら明らかにニュースなどになっているものも、教員だと全然問題にならなかったりしますね。これも公務員であることが問題だと思っています。

国の機関ということもあって、なかなか関与しにくいんだと思います。

そこで大切なのが、公務員ではなくすことですね。民間企業でもブラックなところはあるかもしれませんが、さすがに教員ほどではないと思います。

教員に関しては、ほぼ違法に近く、他の仕事と比べてもありえない時間を働いていると思うわけです。

なので、公務員でなくすことで、民間のような働きやすい環境が整ってくるように思っています。

民間のすごさ

民間の すごさ

公立の先生については、もっと民間企業を見習った方がいいと思います。

教員の世界はおかしいわけで、教員自身もそのことには気づいていたりします。

ただ、意識が足りないですね。もっと違うということを自覚しないとダメです。

教員の場合はメール1つとっても、ビジネスマナーができていない人が多いです。ビジネスメールなんかも社会人だと身についているので、かなり未熟だと感じますね。

また、保護者に対しても上から目線で対応していたりします。民間だとお客さんがいてナンボな職業なわけで、対応とかもすごく大人なように思いますね。

公立教員として働く中で、もちろんマジメにやっている人もいますが、しっかりと危機感をもって働かないとどんどん衰退していく可能性が高いです。

市場価値も上がらずに、転職が不利になる可能性も出てくるわけですね。

そう考えると、早めに公務員をやめるメリットは大きいと思っています。

まとめ

教師は公務員にすべきではないと思います。

しっかりと見直して、検討していくことが重要になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました