教員なんて、狭い狭い小さな世界の1つだよ

狭い 世界 アイキャッチ 教員

教員が非常識ということを聞いたことがある人も多いと思います。

「教員の常識が、世間の非常識」という言葉を聞いたことがある人もいるでしょう。

  • 教員の世界が狭いって本当なの?
  • 世界が狭い理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場から教員の世界について細かく解説を加えていきたいと思います。

3分くらいで、ざっくりと読める内容となっていますのでぜひ見てみてくださいね。

教員なんて狭い狭い小さな世界の1つだよ

狭い 小さな世界

タイトルでもある通り、教員の世界はかなり狭いのが現状ですね。たぶん、どの職業よりも世界の狭さで言ったらダントツなんじゃないかと思います。

特に狭いと感じるのが、使っているツールですね。教員の場合はかなり古い働き方をしていたり何十年も前のツールを使っていたりもします。

教員として働いていると、それが当たり前だと教えられるので、特に違和感をもたないかもしれません。しかし、冷静に考えると、新しい働き方を取り入れないって、かなりまずいことなわけですね。

業務量などは新しい働き方を基準にして増えてくるわけですから、それに古い働き方で処理しようとしても時間がかかるだけです。

最近言われている、教員の多忙化って、そこに原因があるんだと思います。そもそも、働き方が古いんですよね。

そして、特に新しい働き方を取り入れようともしないので、世間からもどんどんズレていきます。教員の風当たりも強いですが、そういう人も排除したりするので、どんどん世界が狭くなっていくのです。

教員が狭い理由

狭い 理由

では、教員の世界が狭い理由としてはどんなものがあるのでしょうか。

もう少し細かく解説していきたいと思います。

社会から遮断されてる

1つは社会から遮断されていることが挙げられるでしょう。教員の場合、かなり周囲からの風当たりは強いですよね。

たとえば民間企業とかだったら、外部との取引をしたり、他の会社と一緒に仕事をすることもあるでしょう。ただ、教員の場合はそんなこともないはずです。

基本的には職員室の人間関係だけで完結してしまいますよね。たまに、外部講師とかがくる程度だと思います。

そして、自分達に文句言ってくる人たちの意見を、参考にしようとはせずに、どんどん遮断しようとしています。

そんな姿勢からも、教員はダメだ。となってくるわけですね。どんどん社会からも遮断されていくわけです。

法律がおかしい

教員だけ、適用されている法律がおかしいのもあると思っています。

たとえば、民間とかだと労働基準法とかがあったりしますよね。きちんとワークライフバランスをキープするための法律ができているんじゃないかと思います。

その一方で、教員の場合は「給特法」が適用されていたりします。たくさん働いても、支払われる金額が決まっていたりするので、かなり苦しいところではあるでしょう。

教員は非常識ですが、そもそも適用されている法律もオリジナルなもので、特殊なのです。

そして、そんな状態だと他の企業の人とも話を合わせることができないでしょう。

結果的に、どんどん孤立してしまうわけですね。

外部の流行りとかを遮断している

教員は外部のトレンドとかを、すごく無視しているように思います。

子供や生徒を相手にしているわけですから、ある程度の流行を知っておくのは絶対に必要だと感じますね。

特に若い人ほど、人を見た目で判断する傾向があります。中身で判断できるようになるのは、もう少し精神的に大人になった後の話です。

なので、最新のおしゃれとか、髪型とかをしてみるのがいいでしょう。

ただ、そういうのを無視して、何十年も前の話をしていたりするのが教員の世界です。

だからこそ、教員はダメだなーと感じますし、世間から見放されて視野が狭くなるのです。

僕自身がそう感じた

僕自身が、もともと教員をやっていました。そして、教員をやめたわけです。

教員の時は、教員の世界が全てだと思っていたし、割といろんなことを把握できていたような気がします。

ただ、実際に辞めてみると「世の中って、こんなんなんだ」「こんなにいろいろなことだできるんだ!」といろいろな気づきがあったわけです。

教員の時は「他の先生に嫌われたら、他でもやっていけない」くらいの勢いだったけど、今は、「教員に嫌われても屁でもないわ」くらいの勢いですね。

なので、教員が合わないと感じる人もいるかもしれませんが、無理して合わせなくても大丈夫ですよ。

教員の世界なんて、本当に小さなものなんで。

辞めたら、もっと広い世界に気づけた

先ほども書きましたが、辞めたら教員以外の広い世界に気付けた部分はありますね。

「こんな働き方があるのかー」とか「こんなツールがあるのかー」みたいな感じです。たぶん、教員を続けていたら不幸になっていたと思うんですが、勇気を持って辞めることでいろいろ知ることができました。

特に教員の場合は、仕事を嫌々取り組んでいる人が多いように思います。すごくモチベーションが低いですよね。ただ、世の中には仕事を割と楽しみながらやっている人もいます。

世の中のほとんどの時間が仕事なわけで、その仕事をどんな風に取り組んでいくのかってすごく重要なことの気がしますね。

もっと前向きになれる世界が知れると、人生が上向きになってくるように思います。

教員なんて辞めても大丈夫

辞めても 大丈夫

ということで、教員については、全然辞めてしまっても問題ないと思います。

というか、僕はいつも言っていますが、すぐに辞めましょう。人によっては、教員として採用された瞬間から、社会に隔絶されたような感覚を持っている人もいるのではないでしょうか?

僕自身も実際にそんな話を聞いたことがあります。ただ、教員の世界が狭いので、ある意味当然でもあるでしょう。

ただ、危険なのが、教員の狭い世界で何十年も働きすぎることですね。最初のうちはいいかもしれませんが、だんだんと感覚がズレてくるように思います。

イライラして、家族とかにやつ当たることも増えてくるでしょう。そんな状態で仕事を続けても意味がありますかね。

人生が、どんどん不幸になってくるとは感じるところですね。

まとめ

ということで、教員の世界の狭さには、少し呆れる部分もあったりします。

早く辞めて抜け出したほうがいいとは感じるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました