教員って文句言う人多すぎない?

文句 多すぎ アイキャッチ 教員

教員の文句が多いと感じている人は多くいると思います。

文句ばかり言った働き方でいいの?と感じるケースもあるでしょう。

  • 教員は文句を言う人が多い気がする
  • 実際に職員室とかで、どんな文句を言っているの?

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場から教員の文句を分析していきたいと思います。

3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教員って文句言う人多すぎない?

文句 多すぎない

冒頭にも書いたように、教員は文句を言う人が多いと感じますね。もちろん、仕事ですから、ある程度文句を言うのは仕方ないことでもあるでしょう。

愚痴の1つも言っていかないと、仕事をやっていけないですよね。ただ、それにしても、文句を言い過ぎなんじゃないかな?と思うこともあるわけです。

朝、教員が学校に来て、すぐに子供の文句を言っていたりします。「今日も、〇〇さんが暴れるよ」といった具合ですね。

保護者から学校に連絡があれば、「〜さんの親はめんどくさいなー」といった具合です。何かが起きた時に、自分が反省する気持ちの教員ってほとんどいないように感じています。

それよりも他人のせいにしたり、相手に責任を押し付ける人ばかりですね。

そんな調子だと、保護者や子供にとっても不幸だと思います。文句ばかり言うネガティブな先生に教わりたくはないでしょう。

すぐにでも辞めた方がいいとは考えていますね。

文句の種類

文句 種類

では、教員が言う文句の種類としてはどんなものがあるのでしょうか。

もう少し詳しく深掘りしていきたいと考えています。

保護者のこと

1つは保護者のことが挙げられるでしょう。保護者についてのグチを言っている教員は多いですね。

とはいっても、保護者は割と普通の注文をしてきたりします。多くの場合は、教員が当たり前のことができていないケースが多いと感じますね。

たとえば友達とのトラブルですね。学校で過ごしていれば友達同士のトラブルが起きるのは当然です。子供ですから精神年齢的にも低いでしょう。

そんなトラブルが起きた時に、しっかりと生活指導をしていくのは、教員の当たり前の仕事の1つでもあります。

ただ、トラブルが起きたときに「また、〜が喧嘩したよ」「迷惑ばっかり」といったように、グチをいって何もしない先生が多くいるように思います。

きちんと保護者に対応していくのが重要だとは感じますね。

子供のこと

子供のことに関するグチも結構多くあったりします。

大体学校で勉強を教えていると「子供が授業を聞いてくれない」「勉強がすごくできない子がいる」といった悩みを抱える人は多いです。

しかし、授業をするのは、教員の中でも最重要の仕事でしょう。そういった学力の低い子とかの心に火をつけて、しっかりと指導ができるようにするのが大事なことだと思います。

ただ、実際はろくに授業準備もしないで授業をして、うまくいかないと子供のせいにする教員ばかりです。

そんな先生から教わったところで、何か得られるものってありますかね。

子供をどんどん衰退させていくだけだと感じています。

管理職のこと

管理職の文句を言っている人がいます。これもかなり重症だと思います。

というのも、組織で働く以上は他の人に従うのは当たり前のことだからです。特に上司である管理職の指示に従うことは、絶対的に必要なことだったりします。

にもかかわらず、職員会議の中で管理職の発言に食ってかかる人もいたりします。社会人として失格だと思いますね。

飲み会とかでも管理職の悪口大会になったりして、教員は精神的にも幼いと感じたりします。

管理職にしっかりと寄り添って、自分の意見については二の次にする。それくらいの謙虚な気持ちで働かなければ、教員の今後は厳しいとも感じています。

仕事内容のこと

仕事内容についてのグチをいう先生も多いです。SNSとかを見てもわかりますが、「教員の仕事は多すぎ」「なんでこんな仕事をしなければ?」といったような声があります。

でも、冷静に考えると自分で選んだわけですよね。誰かから「あなたは教員をやりなさい!」と言われたわけでもないです。だからこそ、グチを言うのはおかしな話なわけです。

それだったら、たくさんある仕事をいかに効率的にこなしていくかを考えた方がいいです。そういった目線で働かないと、いつまでも状況は良くならないでしょう。

仕事が嫌ならば、辞めればいいのです。それくらいの軽い気持ちをもっておくことが大事なのです。

いやいや働かれても、保護者とか子供に迷惑をかけるだけで終わりますよ。

家庭のこと

教員には、家庭のグチを言う人も多いです。というか、プライベート的なことを話しすぎている印象もありますね。

僕の感覚だと民間以上にプライベートなことを話しているし、逆にプライベートなことを聞かれたりもします。あんまり、社会人の働き方としては良くないと感じますね。

あと、プライベートなグチを言っても、物事は1つも前に進まないです。そんなことをしている暇があったら、しっかりと手を動かした方がいいでしょう。

家庭のことは職場に持ち込まないこと。これがすごく重要だと思います。

教員には、しっかりと意識を高くもってほしいものですね。

教員は文句を言ってはいけない

文句 言ってはいけない

基本的に、教員については文句を言ってはいけないと思っています。普通の社会人であれば、文句を言ってもいいかもしれません。

それだけのことが求められるわけではないからです。ただ、教員の場合は別です。「聖人君主」を求められる仕事であって、人の見本になる仕事です。

だからこそ、普段の振る舞いから、しっかりとしておかなければいけないのです。なので、絶対に文句を言ってはいけません。

嫌なことがあっても、グッと堪えるのです。そして、先日「職員室の内容が録音されていた」というニュースがありました。今後ももしかしたら、録音されることがあるかもしれません。

むしろ、教員がきちんと仕事しているかどうかを中継すればいいんじゃないですかね。それくらいオープンにしても全然OKだと思っています。

まとめ

教員の文句については、どんどんなくしていってほしいですね。

子供たちのためにも、かなり重要なことだと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました