教師のなり方は今後どうなる【誰でもOKに変わる】

なり方 アイキャッチ 教員

教師になるにはどうしたらいいか、今後の変化はあるのでしょうか?

気になっている人も結構多いんじゃないかと思います。

  • 教師のなり方は今後変わるのだろうか?
  • 誰でもできるようになるって本当?

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から教員のなりかたについて解説していきたいと思います。

3分程度で簡単に解説しますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師のなり方は今後どうなる

今後 どうなる

教師のなり方についてですが、今後大きく変化すると思っています。

今だと、大学とかで教員免許をとって、そして採用試験を受けて、その後に配属されるみたいな流れですよね。

しかし、これができるのって、たくさんの教員志望者がいることが前提です。

たくさん志願者がいるから教員免許をとって優秀な教員を厳選しないといけないでしょう。採用試験を受けて、さらにピッタリ合う教員を選んでいくことになります。

ただ、今の現状はどうでしょうか?とにかく教員不足が大きな問題になっていますね。

いろんな教員が自分のことだけ考えて「嫌なら辞めろ!」といったせいで、本当に環境に満足できない人が辞めたわけです。現場で働く、一部のダメ教員のせいですね。

その結果、採用試験の倍率だってかなり少なくなっていますし、採用試験の免許を取る人も減っていると聞きます。

これでは、免許制度の意味がないですし、採用試験だって全員合格になってしまうでしょう。

今後は、教員が専門職ではなくなり、各職業のスペシャリストを集めて、講師としてお願いする形になると思っています。

誰でもOKになる理由

誰でも OKになる

ということで、だれでも簡単に先生になれる時代がくると言えるでしょう。

教員のリスペクトなんて、今後はなくなります。

上記でも挙げましたが、その理由についてもう少し詳しく見ていきます。

志願者が減っている

1つは志願者が減っていることですね。マジで減り方も半端ないですからね。志願者がいても、実際の試験会場に来ない人もいるということで、まじでオワコンです。

志願者自体が少ないのに、当日来ないって、教員採用試験がかなりナメられている証拠だと思います。教員を目指すことに、もはや価値がないってことです。

そして、志願者は今後も減っていくでしょう。仕事量も多いですし、現場のグチが多く上がっているけれど、まったく改善しようという気持ちが見られません。これでは志願者が減っていく一方です。

それでも「人が足りないんで、なんとか教員やってください」とお願いしている状況です。年齢制限を撤廃している自治体もあります。

なので、他の仕事をやりつつ、「金稼ぎに、教員でもやるか」程度の仕事になってくると思います。

今の教員の指導力

今の教員の指導力にも問題があると思っています。自分の好きな生徒だけえこひいきしたり、しっかりと子供の声を拾わずに、自分の言いたいことを一方的に伝えている先生も多くいます。

これでは、教員の価値は上がらないでしょう。

もちろん、教員の仕事は忙しいです。僕も現場で働いていたから良くわかります。授業以外にもたくさんやらなきゃいけないことがありますよね。

事務仕事で、授業の準備をする暇がない人もいるでしょう。

ただ、それは言い訳です。授業の準備は絶対にやらなければいけません。最重要だからです。

それができないのであれば、辞めるしかないと思っています。

今の教員は授業の準備をせずに授業をしているケースもあるでしょうし、それだと教員の価値は下がって当然です。

不祥事を起こす教員

不祥事を起こす教員が多いのも特徴だと思っています。不祥事が起きれば信用をなくすわけで、その職業への価値はなくなります。

もちろん人間ですから、1件2件の不祥事はあるかもしれません。その辺りはみんな大目に見ています。

ただ、教員に関しては明らかに不祥事が多すぎます。連日のようにわいせつ教員とかセクハラのニュースが飛び込んできます。

こんな状況では、優秀な人は教員を目指さなくなります。おそらく大して仕事ができない人が教員を目指すようになってくるでしょう。

そうなると、教員になるハードルがどんどん下がってきますから、誰でもなれる職業になってくるのです。

教員にスキルがあるか?

教員にスキルがあるかどうかも、しっかりと考えていかなければいけないでしょう。

一昔前の教員はスキルがあったと思います。今ほどたくさんの仕事があるわけではなくて、授業力を身につけることに専念できたからです。

そうすると今の教員よりも「指導力」があったことはいえるかもしれません。

しかし、今の教員はどうでしょうか。自分の専門外の仕事もどんどん増えていますよね。専門家がやらなければいけないような安全点検なども教員がやったりしています。

そして、あまりに仕事が多すぎるが故に、一つひとつの仕事に真摯に取り組む余裕もなくなってきています。睡眠不足なので、寝る時間もなく集中できていません。

そんな状態で働いても、何もスキルは身につかないでしょう。「教員って、仕事できないよね」ということになりかねません。

結果的に、教員の仕事の価値が下がり、誰でもなれる仕事に変わると思っています。

免許だけでは意味ない

教員は免許をもっていますが、免許以上に大切なものもたくさんあると思います。

しかし残念なことに、教員の中でもトップ層の人は「教員免許をもっているから偉い」と思っていたり、それだけで保護者に上から目線の人が多いように思います。

しかし、そういった態度では教員の仕事が今後発展していくことはないでしょう。免許だけであれば、ただの紙切れであり、その後に教員自身がどんな努力をしてくかの方が何倍も大切だからです。

そのあたりがしっかりと意識できていないので、今後も教員の価値は下がっていくと考えますね。

誰でもできる職業にはなっていくでしょう。

特別なスキルを持った人が強くなる

特別なスキル 強い

ということで、教員の仕事のついては、誰でもなりやすくなる仕事にはなるでしょう。

以前のように、教員免許をもっているからすごい、高倍率の採用試験に合格したからすごいというようには単純にならないわけです。

そこで重要になるのが、スキルを持った人の存在ですね。

教員免許をもっていなくても、教員になれる人を募集することは、今後簡単に考えられるでしょう。人数も足りなくなるので、当たり前のことですね。

そこで、国語では現代文の研究をしていた人とか、体育だとスポーツ選手を引退した人とか、そういう人が学校現場に入ってくることが考えられます。

教員免許は、ほぼ意味をもたなくなるでしょう。

今、教員として働いている人も自分の立場に甘えずに、淡々とスキルを身につけていくことが必須になってくるはずです。

まとめ

教員は誰でもなれる仕事になるでしょう。

現役教員は、そういった事実を受け入れて、しっかりと毎日努力をしてスキルをつけることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました