教師がしてはいけないことについて【法律になくても】

してはいけないこと アイキャッチ 教員

教師がしてはいけないことは結構多くあるかと思います。

法律で定められていることはもちろんですが、暗黙の了解でやってはいけないこともありますね。

  • 教師がしてはいけないことって何?
  • 元教師の目線から、してはいけないことについて知りたい

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から記事を書いていきたいと思います。

3分程度で簡単に読むことができますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師がしてはいけないことについて

教師 してはいけないこと

教師がしてはいけないことについてですが、結論から言うと「他人を傷つける」ことだといえます。

教師に限らず、無意味に他人を傷つけることはやってはいけないことですが、教師はその割合が圧倒的に大きいように思います。

特に、傷つけているような感覚がなかったり、無神経な発言から後輩教員が苦しんでいたり、生徒が不登校に繋がってしまうこともあります。

もちろん、すべての教員がそういう訳ではないですが、そういった無神経な教員もクビにならずに続けている印象があります。

公立教員だったりすると、たとえ子供を傷つけても他の教員とうまくいかなくても、基本的には仕事を続けることが可能です。

そういった環境の中では、たとえクビにならなかったとしても、教員が自分の働き方などを振り返りつつ、良い教育をしていく必要が出てきます。

してはいけないこと

詳しく してはいけない

では、実際に教師がしてはいけないことには、どんなことがあるのでしょうか?

実際に教育現場で働く中で、以下のことはやってしまうとアウトかと思います。

順番に解説していきます。

叱り続ける教育

叱り続ける教育については、よくないです。叱られて嬉しい人はいないですね。本当に危険なことに対しては怒っていくことも大切かと思いますが、基本的には子供は褒めて育てなければいけません。

さまざまな研究結果などでも、褒める重要性が出ているのではないでしょうか。

叱り続けると、子供はどんどん自信を無くしていきます。叱ってくる人に対して非行を繰り返すようになるでしょう。とにかくメリットがないのです。

子供を叱り続けて教育をしようとしている人たちは、勉強不足です。一昔前の叱る教育論が抜けきれていないのです。

教師として続けていく上で、しっかりと自分の知識をアップデートして、子供にあった教育を続けていくことが必要です。

子供の良いところを探すのは、教師としての責任です。

他の子と比べる

他の子と比べるのも良くない行為ですね。教師として信頼を失うことだと感じています。

何か悪いことが起きたのであれば、その子本人を叱れば良いだけです。わざわざ他の子を引き合いに出す必要はないでしょう。

「他の子はできたのに、あなたはなぜできない?」などと問いただされれば、子供は大きく自信を無くしてしまうはずです。

他の子に対していじめを始めてしまう可能性もあるでしょう。

何気なく言った言葉かもしれませんが、子供を傷つけることは間違いありません。

すぐに辞めるべき行為だと言えます。

同僚をいじめる

同僚をいじめるのも、よくないですね。いじめについては見えにくいですし、大きな処分が下るケースも少ないので、かなりタチが悪いとも感じています。

数年前に神戸の小学校でのカレー事件があったかと思います。子供に指導をするべき教員が「いじめ」を行っていたということで、非常に大きな衝撃が走りました。

同じ学校で働く仲間にいじめをするのは教師として以上に、人としてあってはならないことです。

そして、残念なことに、いろいろな学校で「いじめ」が起きているのが現状かと思います。私自身もいじめに近いものにあったこともありますし、他の学校でのいじめも聞いたことがあります。

あくまで個人的な感覚ですが、民間企業よりもいじめが起きている割合が多いようにも思います。

同僚にいじめをするような人は、教員ではありません。

しっかりとわきまえる必要があるかと思います。

後輩を帰らせない

特に年配の教員ですが、後輩を帰らせないようにしているケースもあると聞きます。

僕自身も帰ろうとした時に、先輩から膨大な仕事を振られ、帰れなくなったケースはあります。

おそらく、「自分が若い時は仕事をしたんだから、後輩にももっと働かさなければ」と感じているのでしょう。

しかし、今と昔では時代が大きく違っています。働き方も変わっているのは当然でしょう。それを古い知識のままで、後輩が帰るのを邪魔するのは、パワハラだともいえます。

後輩の方が経験も少ないですし、仕事自体にも慣れていないはずです。だからこそ、負担も大きいので早く帰って休ませる必要があるのです。

その辺りの兼ね合いがわかっていない先生がとても多くいますね。

教員として、そのあたりの細かい気遣いができないのは致命的だと思います。

ムダな飲み会

ムダな飲み会が多いのも問題ですね。別に飲み会をやるのは勝手ですが、しっかりと後輩が断れるような空気を作って飲み会をしていくことが大切です。

今の教育現場は、断ることのできない強制参加の飲み会があまりに多いです。しかもそういった飲み会ではお酌や説教など、絶対にあってはいけないことばかりが起きています。後輩からすれば迷惑極まりないわけです。

ムダな飲み会は、どんどん無くしていかなければいけません。ただでさえ長時間労働な訳ですから、後輩を連れ回して夜遅くまで飲むのは教師としてやってはいけないことですよ。

しっかりと教員として、あるべき行動をするよう心がけていきましょう。

退職が多いのは教員に原因があるかも

教員 原因

退職が多い学校もあるかと思います。不思議なことに退職の多い学校もあれば、ほとんど退職者が出ない学校もあったりします。

この辺りは、学校によってかなり違いがある訳ですね。

退職者が多い学校は、教員に原因がある可能性が高いです。管理職やベテラン教員が自分のことしか考えていないで、後輩をフォローできていない可能性があります。

おそらくそういった学校では、上記で挙げたような「教員がやってはいけないこと」がたくさん行われているかと思いますが、もう一度しっかりと確認しつつ、教員が働きやすくなるようにしていく必要があります。

教員を目指す若手は優秀な人も多いです。真面目で教育熱心な人も多いはず。

そんな中で退職者が多いのは、ベテラン教員が「してはいけないこと」をしている可能性が高い訳ですね。

まとめ

教員は、「してはいけないこと」に注意しながら働いていく必要があります。

特に年配教員や管理職などはできていないことが多いので、意識する必要がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました