教員の質が低いなんて、当たり前の話じゃん

質が低い 当たり前 アイキャッチ 教員

教員の質が低いと感じることは、結構多くありますね。

僕自身も職員室にいたりしましたが、教員の質が低いのはかなり実感しました。

  • 教員の質が低いのって、当たり前のことなの?
  • 質が低い理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場から細かく解説したいと思います。

3分くらいで、短く読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教員の質が低いなんて、当たり前の話じゃん

質が低い 当たり前

教員の質が低いのは当然のことだと思っています。教員と言えば他の人の手本にならないといけなかったり、聖人君主を求められる部分も多くあるでしょう。

ただ、今の教員だとそういった振る舞いができている人は少ないように感じています。職員室で悪口を言ったり、子供に嫌がらせをしている教員も多くいるでしょう。

教員同士のいじめもよく起きていたりしますね。そんな状況では、質が低いと言われるのも当たり前だと思います。まずは、教員がしっかりと人間性を変えていかなければいけないでしょう。

ただ、人としての人間性を変えていくのもすぐにはできることではありません。性格を変えるのもかなり時間がかかるでしょう。

なので、自分の中で優しさや生徒への想いをしっかりと考えながら行動することが大切ですね。

あとはシンプルに、教員採用試験の倍率が低いことも考えられるでしょう。倍率が低ければ、いい人材なんて集まるわけがないですよね。

なので、労働環境を変えて、教員を人気の職業にしたりする必要はあると感じています。

質が低い理由

質が低い 理由

では、教員の質が低い理由としてはどんなものがあるのでしょうか。

以下で、もう少し詳しく解説していきたいと思います。

反省していない

1つは、反省していないことが挙げられます。要するに、何かトラブルが起こった時に他人のせいにする教員がすごく多いと言うことですね。

学校現場とかでも、授業を聞いてくれない子供がいると「あの子は落ち着きがなくて〜」みたいに言う先生も多くいます。

ただ、授業を聞いてくれないのって、シンプルに教員の指導力がないからかもしれないですよね。実際につまらない授業をしている先生って、結構多くいたりします。

プロの教員である以上は「自分の指導に原因はなかったか?」としっかりと振り返る気持ちが大事な気がします。

それができてないので、ダメだと思っています。

やるべきことができてない

やるべきことができていないのも問題です。教員の仕事って大事なところを見落としていたりします。

たとえば、授業などについては、しっかりと取り組む先生は多いです。研究授業とか、偉い先生を呼んでの授業研修などもあったりします。

ただ、そんな中でも授業よりも大事なのが「子供に学校に来てもらうこと」でしょう。学校に子供が来なければ、そもそも授業なんてできないからです。

今はいじめや不登校が増えていますね。ということは、そもそも学校で問題が起きているし、来られていない人も多いわけです。

まずは、そこを改善するのが先でしょう。問題を無視して、授業の研究ばっかりしているので、質が低いと感じますね。

人の気持ちがわからない

教員って、圧倒的に他の人の気持ちがわからない人が多いです。

特に子供が笑っていれば、楽しいと勘違いしている人が多いことです。たとえば授業中にたくさん発言をしたり、笑顔で学習に取り組んでいれば、いい授業だと思っている人はいます。

ただ、本当は楽しくないのに無理しているかもしれないし、授業中にたくさん発言するのも、先生の圧力を感じているのかもしれません。

子供は頭がいいので、そこまで考えていたりします。ただ、残念ながらそういった細かい部分まで見抜けている先生が、すごく少ないように感じますね。

鈍感すぎる先生に関しては、質が低いと言っても問題ないでしょう。

倍率が下がってる

シンプルに倍率が下がっているのもあるでしょう。倍率が低ければ、教員の質だって低くなります。

たとえば倍率が30倍だったとしたら、30人の中から選りすぐりの1人を選ぶことができますよね。相当優秀な人を採用できるのではないでしょうか。

一方で倍率が1倍だったら、その人の性格とかに関わらず誰でも採用しなければいけません。人数が足りないわけなので。なので、ダメな人も採用する確率が高くなるでしょう。

今の現場の倍率は低いので、もちろん教員の質も低いと言っていいでしょう。

かなり残念なことだと言えますね。

不祥事を連発

教員が不祥事を連発しているのも、質が低い理由ではあるでしょう。

ネットニュースなどを見れば割と簡単に分かりますが、教員に関するニュースってすごくたくさんありますよね。

内容についても個人情報のことや体罰など本当に幅広いです。教員はいろんな子供たちの手本になるべきなのに、こんなんでいいのか?とも感じるくらいですね。かなりヤバいと思います。

今後は、信頼を回復するためにも、不祥事を起こさないように誠実に働いていく必要がありますね。

そうじゃないと、教員の世界の未来もないように思っています。

質は今後も良くならないと思う

今後 良くならない

ということでまとめると、教員の質については、おそらく今後も良くならないだろうと考えています。

理由としては、あんまり改善が見られないからですね。状況のヤバさに気づいて「なんとかしなきゃ!」みたいな感じで変えるんだったら別ですが、そういった意識も見えない気がします。

なので、どんどん質は下がるでしょう。そして質が下がれば、世間からの信頼も失っていきます。保護者のクレームとかも増えると思いますし、給料だって下がる可能性はあるでしょう。

すごく働きにくくなると感じるわけですね。

大切なのは、どんどん行動しつつ、教員の環境を抜け出すことです。そうすることで、かなり精神的にも楽になってくるでしょう。

少しの勇気で、人生が大きく変わるとは感じているところですね。

まとめ

教員の質が低いのは、ある意味当然でもあるでしょう。

なんとか改善しつつ、質を上げていきたいとは感じるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました