保護者は学校の教員にタメ語でOKだよ

保護者 タメ語 アイキャッチ 教員

保護者が教員に丁寧に接しているケースはかなり多くあると思います。礼儀正しい親の人とかも多いですよね。

素晴らしいことだと思います。

とはいえ、

  • 保護者は学校の教員にタメ語でOKって本当なの?
  • 具体的にタメ語でいい理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場からタメ語について細かく見ていきたいと思います。

2〜3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

保護者は学校の教員にタメ語でOKだよ

教員  タメ語

タイトルの通りですけど、教員に対してどんどんタメ語を使っていくようにしましょう。理由は簡単で保護者の方が教員よりも圧倒的に偉いからですね。

もちろん、偉いからと言ってタメ語とか横柄に振舞っていいわけではないです。どれだけ偉い人でも、しっかりと謙虚に振る舞うことは大切でしょう。

ただ、問題なのは教員が頭が悪い人が多いことです。謙虚に振舞ったり、穏やかに出た人を「弱い」としか認識できないバカ教員が山ほどいるからです。

多くの保護者は優しくて謙虚なんですが、それをいいことに、教員側が偉そうに振る舞っていることが多いのです。

本来は保護者の方が偉い立場なのに、おかしな話です。だからこそ、バカな相手にわざわざ合わせて謙虚に振る舞う必要なんてないです。

タメ語でテキトーに教員と接するようにしましょう。

保護者としても、かなり気持ちが楽になってくることが分かるはずです。

タメ語でいい理由

タメ語でいい 理由

では、学校教員に対してタメ語でいい理由としてはどんなものがあるのでしょうか?

もう少し詳しく深掘りしていきたいと思います。

疲れるから

1つは、疲れるからというのが大きいでしょう。礼儀正しく敬語を使っていると疲れませんか?特に保護者にとっては学校に行くだけでも勇気がいるでしょうから、そんな中で教員に敬語を使うと消耗します。

本来保護者は、学校に対してお金を払っている立場なので、もっとテキトーに過ごしてもいいんですよね。ふんぞり返って学校を歩くくらいで問題ないのです。

学校の先生も非常識なんで、無神経に言いたいことばかりをいいます。子供の素行が悪ければ、学校で保護者が教員から叱られてしまうこともあるでしょう。それは残念なことです。

だからこそ、タメ語でいいんです。保護者だって気を遣わずに言いたいことをいいましょう。

場合によっては教員にタメ語で怒鳴ったりして、自分のストレス発散をしていきましょう。

子供に対してタメ語だから

そもそも論になりますけど、教員が子供に対してタメ語で話している現状がありますよね。授業などでは敬語を使う先生もいますが、基本的にはタメ語です。

ただ、それがおかしな話なわけです。教員はそもそも子供がいなければ仕事にならないわけなので、子供に対してもっと敬意を払うべきなのです。

今の教員は、あまりにも子供のことをバカにしています。その状況は、なんとしても変えていかなければいけないです。

保護者からすれば、我が子に対してタメ語を使っている教員。とはいえ、子供の方から担任に対してタメ語を使うのは難しいですよね。

ということは、保護者が代わりにタメ語を使ってもいいことになります。

保護者の方が偉いから

さっきから何度も書いていますが、基本的には教員よりも保護者の方が圧倒的に偉いわけです。

断言しますが、今の教員の仕事は「サービス業」です。昔は保護者が学校に対して意見を言うことができたかもしれませんが、今の学校は教員がペコペコと保護者に頭を下げなければいけないです。

ということは、昔とは違って業態が変わったことになります。今の教員の仕事は「サービス業」なのです。

ということはお店と同じように、「お客さまが神様」なわけなので、保護者が神様だということになるのです。

だからこそ、保護者が教員に対してタメ語を使っても何も問題ないし、むしろ保護者の言うことに対しては、教員は全部言うことを聞かなければいけないくらいなのです。

保護者は迷惑をかけられてるから

実は、保護者ってかなり教員から迷惑をかけられています。優しい保護者であれば、「教員はいつも丁寧に子供を見てくれて、ありがたい」と感じるかもしれません。

ただ、丁寧に子供を見ている教員なんて、この世に1人もいません。今の教員は多忙化ということもあって、しっかりと教育に力を入れることができていないのです。

授業だって、きちんと準備していない教員ばかりです。ということは、そもそも保護者の方が教員から迷惑をかけられているわけですね。教員側が保護者に頭を下げなければいけないのです。

そう考えると、保護者はもっと教員に対して偉そうにしていい立場なのです。学校で怒鳴り散らして暴れ回ってもいいくらいです。

それくらい、保護者が自分の考えを主張するくらいでまったく問題ないわけですね。

大事なのは話し方より内容だから

教員は頭が悪いので、「話し方」にこだわる人が多いです。丁寧に話さないといけない、しっかりと敬語を使わないといけない。といった具合ですね。

ただ、実際は話し方って全然大事じゃないんですよ。どんな話し方をしても、相手に気持ちが伝われば全然OKなわけですね。優秀な人ほど、話し方よりも内容にこだわっているように感じます。

そう考えると、保護者が教員に対してどんな話し方をしてもOKなわけです。大切なのは、「どんな内容を話したか」です。教員側が、保護者の話す「内容」の方に、もっとフォーカスしていかなければいけません。

ということで、どんどんタメ語で話しましょう。そっちの方が保護者も気楽じゃないですか?

保護者が無理しないことが、何よりも大切なことなわけです。

教員に対して礼儀はいらない

礼儀 いらない

ということで、タメ語に限らずですが、基本的に教員に対して礼儀はまったくいらないです。教員に対して失礼なくらいでちょうどいいし、横柄なくらいがベストです。

大切なのは頑張りすぎないことですね。リラックスして教員と対峙することが必要です。そうじゃないと、教員に本音は話せないじゃないですか。

保護者がなんで教員に対して敬語を使うかというと、これは小さい頃からの洗脳が大きいです。小さい頃は学校の先生が絶対的な人だったので、大人になってからも教員が偉いと勘違いしてしまうのです。そして、礼儀正しくするのです。

ただ、保護者も学校の先生も同じ大人ですよね。対等な立場なわけです。ということは礼儀正しくする必要はありません。むしろ、しっかりと振る舞うべきなのは「教員」の方ですよ。

だから、保護者はどんどんタメ語を使っていきましょう。「ちょっと話聞いて」「お前の指導、ムカつくわ」くらいにバシッと言えるとベストですね。

まとめ

学校の先生は、そんなに大事にしなくてもいい人たちです。

ぜひタメ語で気軽に話すことを心がけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました