教師に手帳は必要か?【用意した方がいいです】

教師 手帳 アイキャッチ 教員

教師に手帳が必要かと気になっている人は多いかと思います。

確か、以前は手帳も配られていたように思いますが、自治体によっては配られなかったりするところもあるかもしれませんね。

  • 教師に手帳って必要なの?
  • 用意しておいた方がいい理由を知りたい

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から手帳について細かく解説していきたいと思います。

3分程度で簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師に手帳は必要か?

教師 手帳

手帳についてですが、結論からいうと用意しておいた方がいいですね。

用意しない教員もいるかもしれませんが、用意しておかないと仕事をしていくのは難しいと考えています。

学校で支給される場合はそれを使えばいいんですが、そうではない場合もあると思います。その場合は確実に準備をするようにしましょう。

教員の仕事って結構マルチタスクですよね。子供を見ながら授業をして、その他の事務作業もして・・・みたいな感じで仕事が重なることが多いです。

授業中とかでも、他の先生が入ってきて「これやっといてー」みたいな感じでお願いされることもあります。なので、自分の頭だけで覚えておくのは限界があるわけですね。

そんなのがあるので、手帳があれば、その都度メモをして後で見直したりすることもできますよね。忘れたりすることも少なくなると思います。

手帳は確実にもっておくべきでしょう。

手帳が必要な理由

手帳 必要 理由

では、教師が手帳をもっておくべき理由はどんなものがあるでしょうか。

もう少し詳しく深掘りしていきましょう。

スケジュール管理

1つはスケジュール管理ですね。

先ほども書いたように、教員は多忙な環境でやっているので、スケジュールをしっかりと管理しておくことが欠かせません。

普通の手帳だけでなくて、場合によっては時間割ごとになっていて、教師が使いやすくなっているものもありますね。

探してみると、教師用だと次のようなものがありました。

教師生活手帳(2022)

価格:2,090円
(2022/8/10 10:17時点)
感想(3件)

教師力手帳(2022) 中学・高校教師向け ([バラエティ]) [ 齋藤孝(教育学) ]

価格:2,310円
(2022/8/10 10:17時点)
感想(0件)

小学校担任用週案簿 学校用 B5 6色 教師用手帳 ダイアリー 週指導計画 指導案 スクールプラン 学習指導案 週案簿カバー付き 週案簿

価格:1,870円
(2022/8/10 10:17時点)
感想(2件)

教師用のものを買っておくと、かなり仕事がしやすくなるかもしれませんね。

子どものことをメモ

手帳を用意しておくと、子供のことをメモしておけるのもいいポイントでしょう。

教師の世界では、アピールが結構大事だったりもします。もちろん、しっかりと仕事をしている先生も多いのですが、それを見抜いてくれない管理職もいるので、少し大袈裟にアピールするのが必要なのです。

そこでおすすめなのが「手帳に子供のことをメモしておく」ことです。

授業の欄のしたなどに、フリースペースがあると思うので、そこに子供の様子や今日あったできごとなどを書き込んでおくのです。

自治体によっては、管理職が手帳をチェックしたりするケースもあると思います。その時に、しっかりと仕事をしているのがアピールできると強いです。

授業の予定

教師にとって、授業の予定をしっかりと組んでおくのはかなり重要です。

特に、専科の先生とかが入っている場合は、授業の予定をあらかじめ渡しておく必要があるでしょう。急な授業変更もあるかもしれませんね。

そんなときに、予定を把握していないと他の先生に迷惑をかけることになってしまいます。あってはならないことでしょう。

手帳をもっていて、しっかりと視覚化できていれば、そのようなミスも防げるはずです。

教員としての信頼をなくさないためにも、手帳を持っておくことはかなり大切なのです。

みんな持ってる

教員の世界では、足並みを揃えるのが大好きだったりします。

授業とかもみんなで話しあって同じものをやろうとします。学校でのTシャツを作ってみんなで同じのを着ようとします。

スーツの着こなしとかも、合わせようとします。逆に、1人だけ違うことをしていると、他の先生からバッシングされたりするわけですね。

なので、働き方については、他の先生に合わせておくのが鉄則だったりするわけです。

僕の見た限り、多くの先生は手帳を持って働いているので、手帳を持っていなければ文句を言われるかもしれません。

しっかりと用意しておくことが欠かせないと言えるでしょう。

いろいろ便利

個人情報とかは校外に持ち出すことは難しいですが、管理職とかに申請すれば割と簡単に持ち出せるんじゃないかと思います。

手帳についても、個人情報が書いてあるかもしれませんが、同様です。

手帳にスケジュールが書いてあれば、それを見つつ、家などでも作業ができるかもしれませんね。すごく便利だと思います。

どうしても、学校だと他の先生から声をかけられたり、仕事の進捗状況などを聞かれて気が散ることもあると思います。

そんな状況だと、集中できませんよね。

手帳があることで、予定を確認し、場所を問わずにいろんな作業ができるようになるのはいいと思っています。

デジタル化をしてもいい

デジタル化 してもいい

教師の手帳についてですが、デジタル化してもOKだと感じています。

もちろん紙の手帳を使ってもOKですが、デジタル化することでメリットも大きいと思っています。

たとえば、スケジュールを管理職に提出しているケースもあるかと思いますが、その際に管理職から修正が入って、戻されて、また直す、再度提出。みたいな作業って結構疲れると思います。

それだけやりとりが増えれば、あまり効率的でもないですね。

これをデジタル化すれば、たとえばクラウド上で管理して、その予定を担任はタブレットなどで管理。

管理職は、いつでも情報にアクセスできるようにして、修正が必要なら、管理職がその場で直しちゃう。みたいなこともできると思います。

手帳が効率化できれば、教員の業務もかなり減ってくると思っていますね。

まとめ

教師が手帳を使うメリットは大きいです。

ぜひ、自分がいいと思うものを選びつつ、使い始めてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました