教師が辛い人へ【楽になる方法を公開】

辛い人へ アイキャッチ 教員

教師がつらくて仕方がない人は、結構多くいるんじゃないかと思います。

仕事も多いですし、人間関係とかも、結構大変だったりしますよね。

  • 教師が辛くて仕方がない
  • 楽になる方法はないの?

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から解説をしていきたいと思います。

3分程度で簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師が辛い人へ

教師 辛い人へ

教師が辛い人はどうやって解決するのがいいのでしょうか。結論から言うと、「辞めること」がベストです。

「それ、解決策になってないじゃん!」と聞こえそうですが、これが唯一の解決する方法だからです。

間違っているのが、「続けていれば、楽になるんじゃないかな〜」という考えです。これは他人任せですし、今後も状況は良くならないでしょう。

まず、今の教員の仕事は、すべての仕事が降りかかってくる位置にあります。

何か問題があったときにまずは「国」がその問題を抱えます。次に「県」、「教育委員会」のように問題がより地域の方に流れてきます。

「こんな問題があったので、あなたの方で解決してね」というように、他の機関に丸投げするわけですね。

そして、すべての問題が降りかかってくるのが「教員」です。他の機関は「通達」を出すだけで終わりであって、仕事は終了になります。

一方で教員は仕事を投げる相手がいないので、自分で仕事をしなければいけません。そのため、非常に辛いのです。

そして、今後もこの流れは加速するでしょう。

大切なのはこの現状から逃げること。新しい仕事を探すことです。

楽になる方法

ラクになる 方法

では、他に楽になる方法にはどんなものがあるのでしょうか。

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

辞める

まずは、辞めるということですね。先ほども書いたように、辞めるのが唯一の方法です。

教員を続けている人の中には「辞めずに、課題を発信しつづけなければいけない!」というような考えを持った人がいます。

しかし、これは間違っていると思います。課題を発信するのは教員の仕事ではないからです。学校評議員とか、そういった制度でしょう。

そして、Twitterなどでも多くの教員が情報を発信しています。もちろん、教員同士でグチるのはいいでしょう。ただ、課題を解決はできないでしょう。

改善する人がTwitterを見ているとは思えませんし、それをきっかけに改善するとは考えにくいからです。

断る勇気を持つ

断る勇気を持つのも、大切だと思います。いい先生ほど、他の先生の依頼を断らずに消耗してしまうように思います。

ただ、今の現場はみんな忙しいので、断らずに仕事をしてしまうと、どんどんやることが降りかかってくる可能性があります。

これは、すごく危険なわけですね。断るのは大変かもしれませんが、実は断っている先生って結構いますね。

「学年の仕事があるんで」「〇〇をしなきゃいけないんで」というように、やっている仕事があるなら、無理せず断っていきましょう。

しっかりと断ることができれば、割と仕事をする上でもラクに感じてくることだと思います。

テキトーに仕事する

テキトーに働くのも、結構大切だと思っています。もちろん、全ての仕事を真面目に、しっかりと取り組んでいくことは重要ではあります。

ただ、テキトーに仕事をしないと、たぶん身が持たないんじゃないかとも感じています。すべての仕事を真剣に取り組めるほど、今の教員の仕事は少なくないです。

なので、力を抜きつつ仕事をするのもいいことだとはいえるでしょう。もちろん、子供のこととか、保護者のこととかで力を抜くのは良くないと思います。

それは、しっかりと考えておかなければいけない部分だと言えますね。

そうではなくて、簡単な事務作業とか、書類とか、そういったものはそれほど力を入れなくても大きな影響はないでしょう。

仕事内容を考えつつ、見極めていけるとベストですね。

聞き流す

ラクに仕事をするために、聞き流すのも結構重要なことです。

教員の仕事をしていると、嫌なことを聞く機会がすごく多いと思います。

「子供や保護者の悪口」なんかは日常茶飯事でしょう。自分の授業や学級経営などについて、批判されることもあるかもしれません。

真面目に教員をやっている人は、こういった言葉をすごくストレートに重く受け止めているように思います。

もちろん、その姿勢自体は素敵ですが、おそらく身が持たなくなってくるでしょう。教員をやってて辛いはずです。

できるだけ言葉を聞き流して、飄々と働いている人の方が長く勤めていたりしますので、そういう姿勢で働くのがベストかもしれません。

マイペースになる

マイペースになるのもかなり重要です。人間関係に合わせると、すごく疲れるでしょう。

保護者などについても、すべての人に好かれるなんて無理で、どんな学級経営をしても、一定数で苦情を言ってくる保護者はいるものです。こんな状況なので、他人のことを考えていても仕事がしにくくなるでしょう。

大ヒットしたビジネス書に「嫌われる勇気」があります。その中の分に「自分の課題と他者の課題を分離する」という一文がありますね。

これは、教員にもかなり活かせるものじゃないかと思っています。

どんな学級経営をするかは「自分の課題」であって、その学級経営をどう思うかは「他者(保護者)の課題」なわけです。

なので、保護者からどう思われても「他者の課題」ということで気にせず自分の道を貫くことが重要になってくるでしょう。

一応、本も下に載せておきますね。

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]

価格:1,650円
(2022/8/14 08:36時点)
感想(543件)

今後はもっと辛くなる

今後 もっと 辛くなる

教員の仕事についてですが、おそらく今後はもっと辛くなると思っています。

いろんな仕事が増えてきている中で、他の機関に委託することもできず、教員が全部請け負わなきゃいけない状況ですよね。

専門家やプロがやる内容であっても、教員が行わなければいけなかったりします。(安全管理とかもそうですよね。)

そんな状況で、今後も仕事が減っていくことはほとんどないでしょう。業務量や教員の問題などは、だいぶ前から浮き彫りになっています。

しかし、実際に何も改善されないわけですね。

自分の体を壊したり健康的に働くことが難しくなることも考えられますので、早いうちから対策をして自分にできることをどんどんやっていく必要があります。

辞めるのも、そのうちの良い選択肢の1つといえるでしょう。

まとめ

教師がラクになる方法はいろいろあります。

今回の記事を参考にしつつ、自分にできそうなものから実践してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました