採用から10年以内に教員を辞めないと不幸になる

10年以内 退職 アイキャッチ 教員

教員として採用される人は多いと思います。普通に、採用試験の倍率とかも下がっていたりするので、かなり受かりやすくなっている部分でもあるでしょう。

ただ、早めに辞めた方がいいとも思っています。

  • 10年以内に教員を辞めないと不幸になるって本当なの?
  • 不幸になる理由について知りたい

上記のように考えている人に向けて、元教員の立場から細かく解説していきたいと思います。

少しの時間で簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てくださいね。

採用から10年以内に教員を辞めないと不幸になる

辞めないと 不幸

基本的には、採用から10年以内には余裕でやめた方がいいと思います。できるだけ早く辞めた方がいいのは事実なんですが、普通に10年が境目だと思います。

あくまで僕の肌感覚ですが、早くに決断して行動して転職する人ほど、他の仕事でもうまくいっているように思います。

「3年は続けろ!」みたいな主張もよく見ますが、それも嘘だと思います。教員だと初任で辞める人もたくさんいます。初任者の方がベテランよりも優秀なことも多いので、早めに見切りをつけて他の仕事のいくのがいいでしょう。

なぜ10年なのかというと、教員の世界に染まりきってしまうからです。10年以内だと割と教員以外の世界にも対応できる気がするんですが、それ以上経つと厳しい気がします。

非常識な教員の世界に、自分の考えが染まるのです。

教員が潰しが効かないという言葉がありますが、基本的には教員として10年以上働いた人に当てはまると思っています。

1つの節目とはいえるでしょう。

不幸になると思う理由

不幸になる 思う

では、教員が不幸になると思う理由としてはどんなものがあるのでしょうか。

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

転職ができない

1つは、転職ができなくなることですね。教員を続けると転職ができなくなることがあります。

1つは教員の常識が世間の非常識だからです。社会人で必要なビジネスマナーが教員の場合は無かったりします。会議に遅刻とかも普通にします。協調性がなかったりします。

特に10年以上経つと、ある程度年齢が経っているとも思うので、わざわざ教えてくれる人もいなくなるわけです。転職しても「うちでの採用は無理です!」と静かに他の会社が断るだけだと思いますね。

あとは、パワハラ・セクハラを無意識におこなっている可能性があります。職員室とかはかなりパワハラなどが多いのですが、多くの人が行っているので、特に違和感がないのです。

ただ、民間にいけば今の時代は完全にアウトなわけなので、すぐに処分になるでしょう。

転職ができずに「教員しかなれない」となってくるはずです。

給料の割に責任が大きすぎる

教員の世界は割と年功序列だったりするので、年数を追うごとに自然と偉くなったりします。

偉くなったりすれば、当然ですが責任も増えます。仕事量も増えてくるでしょう。その境目が10年だと感じるわけですね。

ただ、給料の伸び方ってそんなに大きくない気がします。10年以内に退職して、他の会社でスキルを身につけた方が圧倒的に稼げる気もしますね。

そんなことからも、教員を続けると「責任は重いのに、それに見合った報酬がもらえない」状態になりかねません。

かなり不幸で、かわいそうな状況になることが目に見えるでしょう。

非常識さが増す

教員の非常識さが増してくるのも大きいと思っています。

教員の仕事には謙虚さがなくて、意外と世間の声を無視しまくっても普通に仕事ができてしまったりします。

一般的な民間の仕事とかは、お客さんとか周囲のニーズを聞きながら仕事をしたりするわけです。保護者の声を全然聞かない教員は、どんどん非常識になっていくでしょう。

そして、職員室の先輩とか校長とかのズレた考え方ばかりを聞きまくるのです。

そんなことを繰り返せば、世間では通用しなくなるでしょう。10年以上働くのは危険です。

後輩に迷惑をかける

実は、教員の先輩ってめちゃ変な人が多いです。それによって多くの後輩が被害を受けているわけですが、全然鈍感で気づかなかったりしますね。

ただ、10年以上続けている教員は、誰もがそんな風に迷惑をかける側の立場になる可能性があります。

責任が重くなることで、校長とか教務とかの言うことを聞かなければいけないからです。校長とか教務は多くの場合は自分のことしか考えていないので、それを求められるわけです。

後輩に、迷惑をかけるような人が、幸せになれるでしょうか?絶対無理でしょう。

早めに辞めて、後輩と協力しながら働けるような仕事を探していった方がいいです。

そっちの方が得策ですよ。

他人とぶつかることが増える

たぶん、10年以上働いていると、他の人とのトラブルがかなり多くなってきます。皆さんの職員室の中でも、ベテランの先生ほど保護者とトラブルが多い印象がありませんか?

本来ならば、働くほど保護者対応も慣れてくるはずなので、苦情だって少なくなるはずです。教員としてスキルアップができていれば保護者だって満足するはずでしょう。

ただ、ベテランほどトラブルが多いと感じるのは、それほどスキルが身に付いていないからです。どんどん衰退してしまっているわけですね。

そんな状態で仕事を続けても未来は暗いままでしょう。

人間関係って、人生の中でもすごく重要だと思うので、早く辞めた方がいいですよ。

10年が境目です

10年 境目

ということで、先ほどから書いているように10年が境目だと考えていいです。ここを過ぎてしまうと、本当に教員が辞めにくくなってくると思います。

僕自身も転職をしてみるとわかりますが、転職をすると多くのことを新しく覚えなければいけません。特に教員の知識って、他では通用しないものも多いので本当にゼロからのスタートになることも多いです。

10年以上働くと、頭でっかちになってしまって新しいことを覚えることができないのです。これは本当に辛い状況でしょう。

だからこそ、教員として働きながらも転職の準備をしていきましょう。スキマ時間とかに転職サイトを見るとかでもいいと思います。

他の仕事にすることで、かなり人生を変えることができるとも思っていますね。

まとめ

教員として採用10年以内の先生は、マジで真剣に職を変えることを考えた方がいいです。

今回の記事を参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました