教師を辞めたい疲れた人はどうすればいい?【すぐに辞めよう】

辞めたい 疲れた アイキャッチ 教員

教員に疲れ切ってしまったという人は結構多くいると思います。

大変な仕事量ですし、このまま続けていていいのだろうかと感じる人もいるでしょう。

  • 教員を辞めたくて疲れた人はどうすればいいの?
  • 辞めた方がいいって本当なの?

上記のように考える人に向けて、元教員の立場から教員に疲れた時にどうすればいいかを解説していきたいと思います。

3分くらいで簡単に読める内容となっていますので、ぜひ見てみてくださいね。

教師を辞めたい疲れた人はどうすればいい?

辞めたい 疲れた どうすれば

教員に疲れて辞めたい人についてですが、結論から言うと、辞めればいいと思います。

教員を続けている人は、マジメに考えすぎです。真面目なのはいいことですが、真面目に考えすぎる必要はありません。

特に教員の世界は、結構閉鎖的だったりするので教員ができなければ他の仕事もできないと感じてしまうこともあるようです。

ただ、全然そんなことはないですからね。普通に辞めても仕事ができますし、辞めた方が圧倒的に楽になりますよ。

教員を続けていると、他の人から非難されることは結構多くあります。それによって、自分に対して自信がなくなってしまったり、教員以外の仕事で勤まるわけがないと感じてしまうのです。

なので、嫌なのに教員の仕事を続けてしまうわけですね。もっとシンプルに考えていいんです。辞めてしまいましょう。

不安な人は転職サイトとかを見てみるといいでしょう。想像以上に多くの仕事があることに気づけるはずです。教員を続けていると視野が狭くなりがちなので余裕がなかったりしますね。

新しい発見があるはずです。

辞めるべき理由

辞めるべき 理由

では、教員を辞めるべき理由としてはどんなものがあるのでしょうか?

もう少し詳しく見ていきたいと思います。

疲れが取れるから

1つは疲れが取れることが挙げられます。教員やってる人ってめっちゃ疲れていませんか?寝不足とかも続いていると思います。

おそらく、そんな状態だと仕事を続けていくことも難しいでしょう。生産性も低いですし、スキルも身につかないと思います。

大切なのはしっかりと疲れを取ることです。もちろん、世の中にはブラック企業もあるでしょう。ただ、教員ほど違法に近いブラック企業ってないと思います。

教員を辞めれば、今よりも疲れが取れることでしょう。

教員を辞める時には、労力を使って疲れるかもしれませんが、長い目で見ればかなり回復して、人生が楽しくなってくるはずです。

前向きになれるから

言い方が悪いですが、教員の世界にはネガティブな人が多いと思います。

「しっかりと指導力を身につけよう!子供のために頑張ろう!」みたいなやる気のある先生ってほとんどいないのではないでしょうか。

多くの教員が「仕事めんどくさい。保護者がうるさい。なんで働くんだ」みたいな感じで文句ばっかり言っているように思います。

このような働き方を続けているようでは、いつまでたっても幸せにはなれないでしょう。嫌なことばかり考えているからです。

仮に自分がポジティブな性格だったとしても、環境に影響を受けてどんどんと自分もネガティブな性格になるかもしれません。

「キャリアアップしよう・自分のスキルをあげよう」などと、前向きに考えているビジネスマンもいますので、早く教員を辞めてそのような環境にいったほうがいいです。

辞めても問題ないから

教員を続けている人って「僕が教員を続けなきゃ!環境を変えるんだ!辞めたらいけない!」みたいな使命感を持っている人が多いです。

ただ、ハッキリいいますが、辞めてもまったく問題ありません。あなた1人が辞めたところで、職員室には何も影響がないからです。

多くの教員は辞めずに、現場にいながら環境を変えることを目指しています。ただ、それはいいアイディアではないです。

環境を変えるのであれば、早くたくさんの教員が辞めて、人手不足にする必要があるのです。そうなって始めて改革が起こります。

今も人手不足とは言われていますが、現場の教員が頑張っちゃってるので、特に国としては人手不足を感じていないわけです。

自分の心に従って、きちんと辞めましょう。それがベストです。

やばい仕事量だから

冷静に考えて、教員の仕事量ってハンパないと思っています。完全に多すぎですね。ありえない量だと思っています。

「授業準備・子供の対応・事務仕事・パトロール・保護者対応・イベント準備・・・」みたいな感じでとにかく多くあります。

例えば民間企業であれば、クレーム処理みたいな感じで担当がいますよね。ただ、教員の場合はストレスのかかる保護者のクレーム処理もやらなければいけません。

とにかく仕事量が半端ないわけです。

普通に疲れますよね。なので、どんどん辞めましょう。

教員は潰しが効かないといいますが、嘘だと思います。これだけ多くの仕事をこなしてきた教員なら他の職場でも大丈夫なはずです。

勇気をもちましょう。

今後も環境が悪化するから

たぶん教員の状況についてですが、今後も悪化すると思います。

というのも、「#教師のバトン」とかでも、これだけ多く教員の状況がまずいということが言われているわけです。もう、教員の状況がやばいとか課題とかっていうのは十分にわかっているわけですね。

にもかかわらず、なかなか状況は変わりません。国や教育委員会は教員に仕事を押し付けている感じです。

また、先日の裁判でも教員の仕事が「自主的な活動」というように認定されたりしました。裁判所で認定されたことによって、給料が出ないことが正当化されたわけですね。

なので、今後はどんどん状況が悪くなるし、その環境が普通になってくるでしょう。

教員もイライラした人が増えるので、人間関係もやばくなってくると思います。

辞める人はすごいです

辞める人 すごい

世の中の風潮として、「何かを続ける人はすごい」という風潮が多くあると思います。

継続することは大切ですし、それによって成長する部分もあるでしょう。僕自身もブログやYouTubeを継続的に更新していますが、やっぱり成長を感じます。

ただ、教員に関しては、辞める方がいいです。辞めた人の方が優秀であって、続ける人の方が無能です。

「教員の質の低下」が最近よく言われますが、まさにその通りで、優秀な人材ほど教員の現場に見切りをつけて早い段階で辞めているからです。

教員を辞める人は行動力があるということですね。

なので、きちんとした人材になり、ちゃんと働きたいのであれば、教員を辞めることを検討しましょう。

そうしないと、成長していくことは難しくなってきますね。

まとめ

教員を辞めたい疲れた人は、どんどん辞めるのがベストですね。

最初は大変ですが、行動することで、どんどん疲れが取れていい感じになっていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました