フリーランスで辛いこと【メンタルを大切にするべき】

フリーランス 辛いこと WEBライター

フリーランスは自由度も高くて、かなり働きやすい働き方かと思います。

割と注目が集まったりする部分かと思います。

とはいえ、

  • フリーランスも辛いことってあるの?
  • 現役フリーランスだけど、辛いことが多すぎる

上記のように考える人に向けて、フリーランスで辛いことについて解説していきたいと思います。

また、後半では少しでも楽に働くための方法を解説しています。

フリーランス3年目が解説しているので、かなり信憑性のある記事かと思います。

3分程度で簡単に読むことができますので、ぜひ見てみてくださいね。

フリーランスで辛いこと

フリーランス 辛いこと

フリーランスとして働いていると、以下のような点でかなり辛さを感じることがあるかと思います。

いくつか書いてみました。

修正が続く

1つは、修正が何度も続くということですね。

修正対応については、多かれ少なかれストレスがかかるものです。

1〜2度程度であればいいですが、何度も修正が続くようだと終わりが見えずにフリーランス側も疲れてしまいます。

たまに、何度も修正が続く場合がありますね。

しかし、本当に良いクライアントだったりするとクライアントの方でも修正対応を行いますし、フリーランスの方に修正を丸投げという形はあまりないかと思います。

大切なのは修正回数をあらかじめ決めておくことや、修正が続いてストレスがかかるようなら途中で断ることが大切になります。

仕事が見つからない

フリーランスとして活動をすると、待っていても仕事が見つかる人は稀ですね。

もちろん、企業側から依頼がくることもありますが、基本的には自分で営業活動をしながら仕事を見つけていく必要があります。

とはいえ、仕事を見つけようと思ってもなかなか見つからずに苦労することもあります。

いつもコンスタントに仕事があるとは限らないのです。

とはいえ、生活費はかかることになるので、焦りなどから辛さを感じることもあったりしますね。

時間が余る

いつも忙しく働いているフリーランスの人もいるかもしれませんが、基本的には会社員の時よりも労働時間が短くなったりもします。

成果報酬という形なので作業が早く終われば、その分早く切り上げることができるのです。

そうすると、フリーで時間が余ることにも繋がってきます。ただ、時間が余るのも良いことばかりではなかったりします。

フリーランスは不安定なので「このままで大丈夫かな?」「働かなくて平気かな?」「就職したほうがいいかな?」などといろんな不安を考えてしまったりします。

特に、繁忙期や閑散期などで仕事の量が少ない時もあるので、何日も仕事がなかったりすると、結構キツく感じたりしますね。

代金が支払われない

フリーランスは時間給ではなく、成果物での報酬を得ることもあります。そうなると、ごく稀にクライアントに満足してもらえず、納品してもらえないこともあるのです。

せっかく何時間もかけて作業をしたにもかかわらず納品してもらえないとなると、結構メンタル的にきつかったりもしますね。

楽に働く方法

楽に働く 方法

では、フリーランスとしてできるだけ楽に働いていくためにはどうしたらいいのでしょうか?

以下で少しでもメンタルを楽にする方法を書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

代金を意識しない

どんな案件・どんな経験をしたとしてもフリーランスとしてプラスになっています。さまざまな経験をすることで、よりよい働き方ができるようになるのです。

しかし、代金だけを意識してしまうとかなり精神的にネガティブになってきます。「たくさん働いたのに、これしかもらえない」「あれだけ働いたのに、代金を回収できなかった。」など。

本来は、案件をこなすだけで確実に自分の成長につながっていますから、代金はそれほど大きな意味をもちません。実績はしっかりと貯まっているのです。

ただ、代金だけを意識して仕事をしてしまうと、こういった実績などの財産に気づかないので働いていて苦しくなってきます。

ムダなことはないと思う

フリーランスとして活動をしていると、想定外のこともたくさん起きます。

なかなか相談できる人もいないですし、同じような経験をしている人が周囲にいなかったりもします。すると心が折れそうになってしまうこともあります。

ただ、フリーランスとして働く中でムダなことは1つもありません。

イチロー選手の有名な言葉の中に「ムダなことを考えて、ムダなことをしないと伸びません」という言葉があります。

あれだけ有名な選手であっても、ムダなことをたくさんして遠回りをしたからこそ活躍できているというのは驚きです。

フリーランスもムダに思えることがあるかもしれませんが、前を向いて進んでいくことは大切です。

返信を早くする

フリーランスとして仕事をしている中の辛いポイントといえば、仕事がないことだと思います。

できるだけスムーズに仕事をゲットして、安定的な収益としていきたいところですよね。そこで大切なのが、クライアントからの連絡に対して、早く返信していくことです。

返信を早くすることで、仕事前のやりとりやヒアリングなどをスピーディーに進めることができるので、案件をゲットしやすくなるのです。

また、返信が遅かったりすると仕事自体がなくなってしまう可能性も出てきます。

すぐに返信をして、仕事をたくさん手に入れることでフリーランスの辛さを軽減することができます。

固定費を下げる

フリーランスの辛さとして、収入の不安定さは挙げれるかと思います。継続的な案件があったとしても、毎月どれくらいの収益が上がるかはバラバラなのが実情です。

そこで大切になってくるのが「固定費を下げること」です。固定費が低ければ出ていくお金も少ないので、無理して稼ぐ必要がなくなってきます。精神的にもかなり楽になってくるわけですね。

収入がわからないのに、出ていくお金が多かったら確実に辛さを感じるかと思います。固定費を下げておくのはとても大事なことですね。

最初に削るべきは「家賃」です。額が大きい分削った時のメリットも大きくなるのが特徴です。実家に戻って暮らすのもいいでしょうし、シェアハウスなどだと割とコストが抑えられるかと思います。

また、携帯代なども格安simなどがありますから、変えてみるのがベストだといえるでしょう。

まとめ

フリーランスをやっていれば、辛い瞬間もあるかと思います。

ただ、割とみんな同じことで悩んでいたりしますし、うまく対策をしていけば解決できる部分でもあるかと思います。

ぜひ、今回の記事を参考にしていただけますと幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました