教員

教員

教員を辞めてよかった理由【辞めて半年経って思うこと】

教員を辞めるとどうなるか。辞めるということに対して不安がある人も多いと思います。しかし、実際に辞めてみると意外と大丈夫だったように思います。今回は、教員を辞めてよかった理由についてくわしく書いてみました。
教員

教員の再任用制度はなくすべき【優秀な先生はやりません】

教員の再任用制度は必要でしょうか?言い方は悪いですが、優秀な教員は再任用をせずに辞めてしまうのであまり意味がないような気がしています。若手に説教をしたり、謎の教育論を押し付けるような再任用教員はあまりいる意味がないと思います。
教員

教員の給料は今後も下がると思う【教員やって理由がわかった】

教員の給料は今後も下がっていく?社会貢献をもっと意識しないと、教員の給料は今後も下がっていくと考えます。テキトーな仕事をするのではなく、保護者や子どもの立場になって価値提供をしていくことが教員が給料を上げていくために必要なことです。
教員

教員の仕事で手を抜いても大丈夫なところ【疲れた人へ】

教員の仕事は力を抜いてOK。いつも全力でやっていたら疲れてしまいます。では、どんな仕事は手を抜くべきなのでしょうか。実際の経験をもとに手を抜いても大丈夫だった仕事について解説をしてみました。長く教員を続けるために大切なことですね。
教員

「教員は偉そう」と言われるワケ【元教員が解説】

こんにちは! みなさんは、教員というとどんなイメージをもちますか? 学生時代などを振り返ってみても、「教員は偉そう」というイメージをもっている方もいるのではないでしょうか? 偉そうな教員がいるとやっぱりイヤな思いをします...
教員

教員に変人が多いといわれるワケ【元教員が分析】

教員に変人が多いといわれるワケとは?教員はよく変わっているとか変人というように言われますよね。教員の労働環境は、変わった人が多くなるな〜というように感じたのでくわしく解説をしてみました。どうして教員は変わった人が多くなるのでしょうか。
教員

教員は安定している仕事なのか【元教員が解説】

教員は安定している仕事なのか?結論から言うと、「金銭面では安定していますが、精神面ではいつも不安定です。」勤続年数が長ければちゃんと昇給していきます。とはいえ、精神的にはとてもハードです。仕事量もすごく多いです。何を安定とするかで答えが変わってくるように思っています。
教員

学校に行きたくないのは普通のこと【元教員が解説】

学校に行きたくないのは、普通のことです。今の学校は、多くの生徒にとって居心地よくなるようにはできていません。スピードも早いし、いじめも多くあるでしょう。学校に行きたくないという自分を責めないでください。できれば周囲にどんどん相談していけるとよいですね。
教員

これを着れば大丈夫!男性教員の服装について【元教員が解説】

男性教員の服装だけど、何を着ればいい?結論、周りと同じものを着ておけばOKです。学校によってジャージやユニクロの服などそれぞれです。自分だけ違うものを着ることがないように周囲に合わせておきましょう。スーツについても学校ごとに着方が違いますよ。
教員

教員がいじめられたらどこに相談すべきか?【実体験から語る】

教員がいじめにあったらどこに相談したらいい?1番オススメは外部機関です。教員以外の労働組合や市議会などに持っていくのがいいと思います。教育機関に相談してもあまり力になってもらえないな〜という印象です。難しいですね。
タイトルとURLをコピーしました