WEBライター

WEBライターで書くのが遅いと悩む人へ【解決法を公開】

WEBライターの中には、書くのが遅いと悩んでいる方もいるかもしれません。できるだけ早く書いてたくさん稼ぎたいと思うものですよね。コツは「文章に正解はない」ということを知ることです。できるだけ早くフィードバックをもらい、修正対応に力を入れていくようにしましょう。
教員

35人学級の効果はほとんどない【元小学校教員が解説】

35人学級の効果はあるのでしょうか?正直なところ、35人学級の効果はほとんどありません。40人学級が35人になったところで、コロナ対策になるわけでもないですし教育全体の価値が下がるだけです。まずは労働環境など、以前から問題とされているところに注目すべきでしょう。
教員

教員の世界は狭いので注意が必要【解決法も公開】

教員の世界は狭いといわれますね。まさにその通りだと思います。この記事では、そんな環境の中でも視野を広く持ち続けた優秀教員の特徴をまとめました。「視野が狭くならないか不安・・・。」という方はぜひ目を通してみてください。割と参考になると思います。
WEBライター

WEBライターがきつい時の対処法【ハードルを下げる】

WEBライターをしていてきつい時もあると思います。仕事なので、いつも楽しいわけではありませんね。そんな時の対処法としては「ハードルを下げること」です。自責思考で自分を高めることも大切ですが、時には自分が当たり前にやっていることを褒めてあげるようにしましょう。
WEBライター

WEBライターで月20万を達成した方法【会社員と同じでOK】

ライターとして月20万円を達成する方法を解説しています。結論から言うと、会社員と同じように働けばOKです。ビジネスマナーを守れていないフリーランスは意外と多いようですので、まずは最低限のルールをしっかりと守った上で取り組んでいくように心がけましょう。
教員

教員の質は今後も低下すると思う【元教員が解説】

教員の質は今後も下がってくると考えられます。理由としては生徒の意見を無視したり、保護者を敵に回しているということが挙げられるでしょう。わいせつ教員や不登校などの問題が大きくなっていますが、残念ながら今後も増えてくることが考えられます。
教員

教員とフリーランスの仕事は似ていると思う【経験者が解説】

教員とフリーランスが似ているという話についてです。まったく違うように思える2つですが、保護者対応や授業などの仕事はフリーランスに通づるものがかなり多いと感じます。教員からフリーランスになりたい人には役立つ内容だと思います。ぜひ見てみてください。
教員

プログラミング教育の問題点について【現場を見た教員が語る】

プログラミング教育が始まりましたが、実際どうなの?と感じている人も多いと思います。そこでこの記事では、実際に学校現場を見てきた元教員がプログラミング教育の様子について書いていきたいと思います。この記事を読むことで現場のことが分かり、プログラミング教室運営などに役立つと思います。
教員

教員からの転職は余裕【実際にやってみて分かった】

教員の転職が難しいというのは嘘です。教員としての経験は、さまざまな場面で必要とされています。また教員の環境はほかの企業とは大きく違っています。転職をすることで、さらに働きやすくなり活躍できる可能性も出てくるでしょう。安心して大丈夫だと思います。
WEBライター

WEBライターで月10万を突破するためにやったこと

「ライターをしているけど、なかなか収益が増えない。月2〜3万円で停滞している。」という方も多いのではないでしょうか。筆者はある1つのコツを実践することで収益を増やすことができました。とにかくどんどんチャレンジして案件に応募していくことが大切だとわかりました。
タイトルとURLをコピーしました